3つのOneとは?コピーライティングの3つのポイント

3tsunoone

どうも、石田健太郎です。

今回はコピーライティングの3つのOneについて解説していきます。

 

3つのOneとは

3つのOneというのは
コピーライティングを行う上で
意識するべき3つのポイントです。

3つのOneを意識することで
購入リンクや登録リンクへの
到達率を上げることが出来ます。
そのため、
成約率を向上させることにも
効果を発揮します。

3つのOneは、

  • One Market(1つのマーケット)
  • One Message(1つのメッセージ)
  • One Outcome(1つの出口)

の3つです。

「一つの市場に対して、一つのメッセージを投げかけ、一つの出口を用意する」

これはコピーライティングの鉄則で、
最低限抑えておくべき基本中の基本です。

書き始めの「入口」と、
書き終わりの「出口」を明確にすることで、
一貫性あるの文章を書くことができるため、
自然に話の内容にも信憑性が生まれるからです。

「3つのOne」
を徹底することで、
ターゲットを明確に絞り込むことが出来て、
プラスの影響を受けることが出来るので
是非、取り入れてみて下さい。

それでは、
3つのOneについて
それぞれ詳しく解説していきます。

 

One Market(1つのマーケット)

One Marketとは、
ターゲットとする市場を1つに絞ることです。

ビジネスには沢山の様々な市場がありますが、
必ず一つの市場に絞って文章を書く必要があります。

例えば、
あなたが恋愛系の商材を扱っていて
メルマガを配信していたとします。

もし、メルマガの中で
恋愛系の商材でなく、
トレンドアフィリエイトで稼ぐための商材を
紹介したらどうでしょう?

明らかにおかしいですよね!?

恋愛系のメルマガであれば、
恋愛系の商材を
ネットで稼ぐ系であれば
ネットで稼ぐ商材を
扱わなければ
なかなか購入はされません。

複数のジャンルを扱うのではなく、
可能な限りターゲットとする市場を
絞るようにしましょう。

二兎追うものは一兎も得ず

です。

欲張らずに1つ市場に絞って書きましょう。

 

One Message(1つのメッセージ)

One Messageとは、
1つの文章で伝えるメッセージは
1つにするということです。

言いたいことがたくさんあると
ついあれもこれもと
いろんなメッセージを伝えたくなってしまいますが、
それでは読者が混乱してしまいます。

伝えたいメッセージが多すぎると
結局何が言いたいのか
分からなくなって何も伝わりません。

だから、
伝えるメッセージは1つに絞って、
シンプルで分かりやすい内容にするべきです。

もちろん、
1つのだけしか言ってはいけない
ということではありません。

でも、
軸になるメッセージは、
1つに絞らなければなりません。

いろいろなメッセージを含めたとしても、
読者の頭の中に残るメッセージは
1つである必要があります。

相手に伝えたいメインメッセージは1つに絞って、
話を組み立てるようにしましょう。

ついたくさんのことを書きたくなるのも分かりますし、
僕も最初はあれこれ書いてしまって
ごちゃごちゃした分かりにくい文章を
書いてしまっていました。

分かりにくい文章はパッと見ただけで
読む気が失せてしまいます。

そして、
読者が離れてしまうので
あなたが書いた文章を読み返す時、
簡潔に書かれていか必ず確認しましょう。

あなた自身でも分かりにくい文章は
読者には更に分かりにくいものに見えていますよ。

 

One Outcome(1つの出口)

One Outcomeというのは、
1つの文章の出口は1つにするということです。

商品を購入して欲しければ
商品購入のリンクだけをゴールにする。

ブログの記事を読んで欲しいのならば
ブログの記事へのリンクだけをゴールにする。

欲張ってたくさんのゴール(リンクの誘導等)を用意してしまうと
本来誘導したいものではなく、
途中のどうでもいいところに飛んでしまって
それから戻って来なくなることもあります。

ホースの先から水を出したいのに
ところどころ穴が空いていたら
そこから水が漏れてしまいますよね!?

それと同じです。

そんなの大きな機会損失です。

色んなものを紹介したくて
色んなゴールをを用意することは逆効果です。

読者にして欲しいこと、
ゴールは1つに絞りましょう。

色んなものを紹介したいのなら、
文章を分けることです。

メルマガならメールを分ける。

ブログなら記事を分ける。

One Outcomeが
出来ているか、
出来ていないかは
とても大きな差として結果に現れるので
絶対に意識しましょう。

 

まとめ

3つのOneを意識すると
文章がシンプルになります。

複雑な文章は読者を混乱させてしまいます。

人間は混乱すると、

「結局何すればいいの?」

「めんどくさいから止めよう!」

という具合に
本能的に「No」という決断を下します。

つまり、
複雑なライティングは
成約率を下げることになります。

入り口から出口までを
シンプルな一本の導線にすることで
読者に理解されやすくなります。

3つのOneを意識したライティングをすることで
成約率の高い、読者からの充分な反応がとれる
理想のコピーライティングスキルを手にすることに一歩近付けます。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です