4つの収入・収入の種類について詳しく

osatsu

どうも、石田健太郎です。

今回は、4つの収入についてお話します。

 

収入の種類

収入には大きく分けて
4つの種類があります。

 

  • 労働収入
  • 成果収入
  • 定期収入
  • 権利収入

 

の4つです。

それぞれ特徴があるので一つずつ解説します。

 

労働収入

労働収入というのは
文字通り働くことの代価として得る収入です。

アルバイトや会社員の給料等が労働収入です。

アルバイトや会社員は
働いた時間によって給料が決まります。

時給○円
基本給○円、時間外手当○円

というように
あらかじめ決まっています。

極端な話、しっかりと働きさえすれば
給料に見合う成果がなくても
収入を得ることが出来ます。

つまり、
働いている限りは
安定した収入が見込めるのです。

ですが、
逆に言えばなんらかの事情で
働けなくなってしまったら
収入は途絶えてしまいます。

労働収入はあなたの時間と労力を
お金に変える収入の形です。

 

成果収入とは

成果収入というのは
あなたが出した成果に応じて
収入を得ることを言います。

外資系のサラリーマンや
フリーランスの収入が成果収入です。

成果収入の最大の特徴は
成果の対価が収入になる
ということです。

それに
出した成果が大きければ大きいほど
収入も多くなります。

極端に言えば、
10分しか働かなくても
きちんと成果を出せれば
真面目に働いている人の収入を
追い越すことも出来ます。

ただし、
当たり前ですがどれだけ頑張っても
成果がゼロなら収入もゼロです。

実力がある人は大きく稼げるし
実力がない人は全く稼げない。

実力がそのまま収入に反映されるのが
成果収入です。

 

定期収入とは

成果収入を仕組み化して
継続的に収入を得ることです。

例えば、

  • ジムの会費(月:○円)
  • 会員制コミュニティ(6ヶ月◯円)
  • 定期コンサル(何ヶ月コースで◯円)

です。

継続的に収入を得ることが出来るので
収入の安定性が高いです。

そして、
やり方次第では高額な収入を得ることが出来ます。

しかし、
成果収入を仕組み化するイメージのものを
作らなくてはいけないため
構築する難易度は高いです。

 

権利収入とは

権利収入というのは、
収入を権利として持っていることです。

例えば、
マンションのオーナーは
毎月、入居者の家賃を収入とすることが出来ます。

マンションを持っていることが
家賃収入を得るという権利になっているのです。

このように権利的に収入を得られるのが
権利収入です。

権利収入は労働や成果はほぼ不要です。

権利を持っていれば
あとはちょっとしたメンテナンスレベルの労働で
収入を得られます。

  • 寝ていても
  • 旅行をしていても
  • 遊んでいても

収入を得られます。

「働かなくてもお金が得られるって最高じゃん!」

と思うかもしれませんが、
権利収入を作ることは
決して簡単なことではありません。

膨大資金や圧倒的な才能等がないと難しいです。

 

複数の収入を持ってOK

日本人は、
仕事は本業のみという考えが強いです。

しかし、
海外では複数の仕事を本業とする
「複業」が当たり前です。

  • 収入UP
  • リスク分散
  • 様々な知識やスキルが身につく

複数の仕事をすることには
メリットがあります。

収入を増やして
豊かで安定した暮らしをするためにも
「複業」が今後、日本でも当たり前になるでしょう。

 

サラリーマンの賃金は右肩下がり

サラリーマンのお給料は
徐々に下がりつつある傾向にあります。

そのため、
副業で少ないお給料を
補おうとしている方も多いです。

日本企業は副業を禁止して
会社に収入を依存させようとしています。

ですが、
簡単にリストラもしますし、減給もします。

つまり、
会社はあなたの人生を
保障してくれる訳ではありません。

いざという時、
会社は簡単にあなたのことを裏切ります。

なので、
自分のことは
自分で守れるようにしておかないといけません。

僕は会社員ではありますが、
会社の給料以外に5個以上、収入源があります。

会社の給料の何倍もの金額を稼いでいるので
会社に依存は全くしていません。

 

ネットビジネスで権利的な収入を

労働収入の数を増やすことには
時間的、労力的に無理があります。

なので、
なるべく自分の労力を使わないで良い
権利収入を目指すことをオススメします。

ただ、
権利収入を作るのは非常に難しいです。

ですが、
権利収入っぽいもの、
権利的な収入であれば
ネットビジネスで作ることが出来ます。

例えば、
アフィリエイトであれば
毎月安定したアクセスが集まるサイトを作って
そこに広告を貼ってアフィリエイトをすれば
そんなに労力をかけなくても収入を得られます。

インターネットが普及した現在、
WEBサービスを使用すれば
権利収入に限りなく近い
収入を作ることが出来るのです。

あなたの仕事をシステムにやらせることで、
自分は何もしなくても
収入を得ることが可能です。

 

まとめ

労働収入 → 成果収入 → 定期収入 → 権利収入

の順で難易度が上がります。

あなたが今、
どのタイプの収入を持っているのか
をまずは確認して下さい。

そして、

労働収入 → 成果収入 → 定期収入 → 権利収入

の順で徐々に収入の種類をシフトさせていくことで
いずれは権利収入を作ることが出来ます。

おそらく、
労働収入しか持っていない
という方が多いのかなと思いますので
まずは成果収入を作ることを目指しましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です