4つのNotとは?読者の心理障壁を超えろ!

4tsunonot

どうも、石田健太郎です。

今回はコピーライティングの4つのNotについて解説していきます。

 

4つのNotとは

コピーライティングは
読み手を行動させるためのライティングです。

コピーライティングが分からない方はこちらから

コピーライティングとは?

読み手が行動するまでには
4つの心理障壁があり、
4つ全てを超えて
ようやく読み手は行動してくれます。

4つのNotというのは
コピーライティングにおいて
読み手が超えなくてはいけない
心理障壁のことです。

4つのNotを越えなければ
ブログやメルマガで
どんなに良い商品を紹介したとしても
読者は購入してくれません。

逆に4つのNotさえ越えてしまえば
商品が良くなくても読者は購入します。
(あまり良いことではありませんが、、、)

コピーライティングにおいて
超えるべき障壁が

  • Not Open(開かない)
  • Not Read(読まない)
  • Not Believe(信じない)
  • Not Act(行動しない)

の4つです。

それぞれについて解説していきます。

 

Not Open(開かない)

Not Openというのは
メルマガで言えばメールが開かれない状態です。

気にかけてすらもらえず、
読み手に無視されてしまっている状態です。

たとえ本文がどんなに素晴らしいものであっても、
読者がメールを開いてくれないことには
何も始まりません。

まずは、
読者に興味を持ってもらうことがスタートです。

Not Openを超えるために重要なポイントは
「タイトル」です。

例えばタイトルが

「おはようございます」

とか

「こんにちは」

みたいな在り来たりでつまらないものだったら
読もうとは思わないですよね!?

逆に、
タイトルが興味や関心を引くものだったら
つい開いてしまうと思います。

例えば、

  • 反社会的なキーワードが含まれている
  • 奇抜なタイトル
  • 喜怒哀楽がそのままタイトルに反映されている

等です。

「人気女優 新垣結衣の裏の顔」

みたいなゴシップ記事って
やっぱり興味をそそられて
つい見たくなりますよね!?

ガッキーファンなら知りたくないことだけと
つい覗いてみたくなりますね。

こんな感じに読み手が
興味をそそるようなタイトルをつけると効果的です。

「そのタイトルでメールを開きますか?」

これを考えることが
Not Openを超えるためには重要です。

タイトルをつける上でついやりがちなミスが
タイトルでネタバレしてしまうことです。

ビジネス文書ではタイトルだけで
本文を読まなくても内容が分かるのはOKですが、
コピーライティングではNGです。

タイトルだけで見られて本文がスルーされてしまいます。

本文のオチが分かってしまうタイトルは
けっこうやりがちなので気をつけましょう。

また、
タイトルを工夫しなくても
Not Openを超える方法があります。

それは、

「ブランディング」

です。

ブランディングが分からない方はこちらから。

ブランディングとは?

あなたというブランドを構築することで
Not Openを突破します。

どういうことかと言うと、
あなたに興味を持っている状態であれば

「○○さんからのメールが来た!」

「早速読もう!」

という風にあなたからのメールを開いてくれます。

読者にそれなりにブランドを感じてもらう必要はありますが、
とても真っ当な方法です。

 

Not Read(読まない)

Not Readというのは、
メルマガで言えばメールは開いてくれたものの、
本文を読んでくれない状態です。

あなたは、

「メルマガを書いたら読者はちゃんと読んでくれる」

と思っていますか?

もし、読んでくれると思っていたら
それは大間違いです。

メルマガはほとんど読まれないものと考えて下さい、

上から下まで丁寧に読まれることは
まずないでしょう。

全体をザッとスクロールして流し読みされれば
良い方だと思って下さい。

Not Readを超えるためには、
読者の興味を引く面白いものである必要があります。

漫画で考えると分かりやすいです。

週刊少年ジャンプで
新連載の漫画が始まったから読んでみた。

でも、
面白くないからもう読まなくてもいいや。

Not Openを超えていない状態はこんな感じです。

面白いの基準は人それぞれですが、
NOT Readを超えるための大前提として、
読者が読みやすい文章にすることが必要です。

句読点がなかったり、
適度な改行がなかったりすると
単なる長ったらしい文章としか
認識してくれません。

そして、
メールが真面目すぎても
あまり受けが良くありません。

適度にユーモアのある楽しい文章の方が好まれます。

一通のメルマガを読む時間は
5分程度の短い時間かもしれませんが、
読者は貴重な時間を使って
読んでくれているということを
忘れないで下さい。

面白くもない文章に
5分もの時間を割くことは苦痛でしかありません。

「その文章、読みにくくないですか?」

「その文章、次の1行が読みたくなりますか?」

これを考えて文章を書くことが
Not Readを超えるためには重要です。

 

Not Believe(信じない)

Not Believeというのは、
メルマガで言えばメールを読んでくれたものの、
あなたが言っていることを疑っている状態です。

読者があなたの言っていることを
信じてくれなければ
商品購入には繋がりません。

読者は信憑性のないことは信じません。

Not Believeを超えるためには
信憑性を持たせることが重要です。

そのために、
データや実績を示すことが有効です。

ネットビジネスでは、

「○○で月収100万円稼ぎました!」

みたいなことを売りにしている
情報商材がよくあります。

普通の人からしたら
めっちゃ胡散臭いはずです。

でも、
実際に稼いでる証拠として
アフィリエイト報酬の画像を
見せられたらどうでしょう?

「ちゃんと稼げてるんだ!」

と信憑性が増しますよね!?

こんな感じに、
実績や根拠になることを提示することが
Not Readを超えるためには重要です。

 

Not Act(行動しない)

Not Actというのは、
メルマガで言えばメールを読んで
あなたの紹介した商品の有用性を信じてくれたものの、
購入に至っていない状態です。

Not ActはNot Buyと言い換えても良いでしょう。

これが最後の障壁です。

信じても行動(購入)しないということは
何かしらの不安があるからです。

ちょっと背中を押してあげれば
購入に至るという状態です。

あなたにもきっと経験があるはずです。

良い商品を見つけたけど、

「でもな〜。。。」

と決断出来ないこと。

ちょっとしたことで
背中が押されれば購入されます。

Not Actを超えるためには、

  • 希少性
  • 緊急性

を提示することが有効です。

「3日だけの限定販売です。」

「あと3時間で締め切ります。」

と書かれると
悠長に構えていられなくなります。

そして、

「買うなら今しかない」

と決断が迫られて
購入に繋がりやすくなります。

読者の心を揺さぶって
背中を押してあげることが
Not Actを超えるためには重要です。

 

まとめ

4つのNotはコピーライティングにおける
読み手の心理障壁ですが、
その障壁を超えるための手段はちゃんとあります。

4つのNotの中でも
最も超えるのが難しいと言われるのが、
「Not Read」です。

読んでもらえる文章を書くことが、
最も大事です。

そして、
最も難しいことでもあります。

読者に読まれる文章を書くために、
コピーライティングスキルを身に付けるわけですが、
しっかり文章を読んでもらって、
その内容を信じてもらえれば
読者との信頼関係が構築出来ます。

そうすれば、
商品は簡単に売れます。

「読者に読まれる文章」を書くこと

これが非常に大事なので、
しっかりと読んでもらえるように工夫をしていきましょう。

4つのNotは1つだけ超えればいい
というものではありません。

4つ全て超えることで読み手は行動します。

あなたと読者との間には4つの障壁があって、
1つずつ丁寧に乗り越えていくことを意識しましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です