アーティクルマーケティングとは?良いコンテンツが成功の鍵

newsletter

どうも、石田健太郎です。

今回は、アーティクルマーケティングについて解説していきます。

 

アーティクルマーケティングとは

アーティクル(Article) = 記事

です。

アーティクルマーケティングというのは
記事のマーケティングです。

ここで言う記事とは、
各種コンテンツのことです。

このコンテンツは引用OKです!

ですが、
その代わりに引用した際は
引用元のサイト名とURLの
リンクを張ってください。

サイト名とURLを明記し、
引用元リンクを張って頂ければ、
引用して頂いて構いません。

というような文面を用意しておくことで
コンテンツを引用してもらうことが出来ます。

このように
あなたのコンテンツを拡散していくことが
アーティクルマーケティングです。

 

アーティクルマーケティングのメリット、デメリット

アーティクルマーケティングのメリットとデメリットについて解説していきます。

 

メリット

 

あなたのコンテンツの露出度が増す

あなたの作ったコンテンツが非常に良いもので
あなたのコンテンツが引用されれば
世の中への露出度が増します。

引用元のリンクから
あなたのコンテンツへのアクセスが増えるので
そこからあなたのファンが出来る可能性もあります。

そして更に、
引用の際にサイト名や記事タイトル等
アンカーテキスト付きでリンクを獲得出来ます。

そのため、
良質な被リンクを手に入れることが出来ます。

また、
引用元から来てくれた訪問者さんは
あなたのサイトのジャンルに興味が有るので
より詳しく知りたいという人が流れてきます。

自然に属性があった
ターゲティングが出来ているので
コンテンツを気に入ってもらえれば、
あなたのファンになってくれる可能性もあります。

 

デメリット

 

Googleのペナルティを受ける可能性がある

大規模にアーティクルマーケティングを行うと
Googleからペナルティを受ける可能性があります。

Googleは大規模なアーティクルマーケティングを
禁止しています。

お金を使って
大々的にアーティクルマーケティングを行うことが
許されていません。

私のコンテンツを引用してくれたら
500円支払います。

のようなことをGoogleが許していないということです。

金銭が発生してしまうと
コンテンツの質よりも報酬で人が動いてしまいます。

そのため、
質の低いコンテンツであっても
被リンクの効果で
SEOが強くなって上位表示されてしまいます。

つまり、
お金で

  • 被リンクが買える
  • 検索エンジン上位表示が買える

ということになってしまいます。

それはGoogleの理念に反することです。

そのため、
アーティクルマーケティングは
コンテンツの質を高めることが重要になります。

 

まとめ

アーティクルマーケティングは
とにかく良いコンテンツを作成することが肝になります。

良いコンテンツを作って
引用してもらって拡散される。

あなたが素晴らしいコンテンツが作れたなら、
このアーティクルマーケティングを活用することで
効率的にビジネスを展開出来るようになりますよ。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です