クロージングとは?

closing

どうも、石田健太郎です。

今回は、クロージングについてお話します。

 

クロージングとは

営業経験のある方は

「クロージング」

という言葉を聴いたことがあるかもしれませんね。

クロージングというのは一般的にセールスの最終段階、
つまり商品販売を行い、成約させることです。

ビジネスにおいて、
商品が売れなければ
売上も上がりませんし、利益も出ません。

そのため、
いかに上手くクロージング出来るかどうかが
重要になります。

 

クロージングを成功させる5つの要素

クロージングを成功させるには
5つの要素があります。

  • 緊急性
  • 価格
  • 購入する理由
  • 商品購入後の変化
  • 希少性

それぞれ詳しく解説していきます。

 

緊急性

人は決断を先延ばしにしがちです。

特に日本人はその傾向が強いです。

そのため、
決断を先延ばしにさせないように
工夫しなくてはいけません。

例えば、
販売期間を限定することです。

○月○日までの限定販売

のように販売期間が限られていると
期間内に決断をしなくてはいけないので
決断を先延ばしに出来なくなります。

このように、
期間を限定するというのは有効ですね。

 

価格

商品の善し悪しの大事ですが、
商品の価格も重要な要素です。

たとえどれだけ良い商品でも
価格以上の価値が無さそうであれば
誰も買おうとは思いません。

いかにお得感を演出出来るか
が重要です。

 

購入する理由

購入する理由を提示してあげることで
お客様の背中を押して
購入を促すことが出来ます。

人間は理由があると行動する生き物なので
しっかりと購入すべき理由を提示しましょう。

 

商品購入後の変化

お客様は商品そのものが欲しいのではなく
商品を買ったらどうなるかを見ています。

例えば、
エアコンを買おうとしている人は
エアコン自体が欲しいのではなく、
快適な温度の部屋が欲しいんです。

この商品を買ったらどうなるか、
いわゆるベネフィットをしっかりと提示しないと
お客様は商品を購入してくれません。

 

希少性

人間は希少なものに価値を感じます。

先着10人限定とか期間限定みたいな
フレーズに弱い人は多いです。

僕も弱いですから。

商品を販売する時、
先着特典を付けたりすると
売れやすくなりますね。

 

まとめ

クロージングはビジネスの肝です。

商品が売れなくては
ビジネスになりませんからね。

クロージングを成功させる要素を
しっかりと盛り込んで
クロージングをしていきましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です