3つの支出とは?消費・浪費・投資の違い

money_clock

どうも、石田健太郎です。

今回は、消費・浪費・投資についてお話します。

 

支出の種類

支出は大きく分けると

  • 消費
  • 浪費
  • 投資

の3つに分けられます。

 

消費

消費は支払った金額と同じ価値や効果が期待出来る
支払いのことです。

消費は生きていくためには必要です。

食費や家賃、電気代、通信費
食費や日用品の購入等が消費です。

 

浪費

浪費は支払った金額ほどの価値や効果が期待出来ない
支払いのことです。

生きていくためには必要ではないです出費です。

ギャンブルや趣味・嗜好が浪費です。

 

投資

投資は支払った金額以上の価値や効果がある
支払いのことです。

将来的に自分に返ってくるものが投資です。

株や不動産も投資ですが、
セミナーの参加費、コンサルティングの費用等も
自己投資という投資です。

 

目的意識を持ってお金を使う

支出には

  • 消費
  • 浪費
  • 投資

の3つがありますが、
消費や浪費を減らし
投資を増やしていくことが重要です。

消費や浪費は増やしても
元手より大きな価値や効果はありません。

ですが、
投資はすればするほど
価値や効果が大きくなります。

消費や浪費はゼロにすることは難しいですが、
減らすことは工夫次第でいくらでも出来ます。

投資を増やすことで
収入も増やすことも出来ます。

投資自体も大事なことですが、
消費や浪費であっても
きちんと目的意識を持ってお金を使いましょう。

例えば、
経費で落とせる物を意識的に使うことです。

経費になれば、
例え消費や浪費に近いものであっても
節税が可能になります。

ただ、経費で落とせる

というだけでなんでもかんでも購入していたら
すぐにお財布は空になるので
それなりに吟味した上で
経費で落とせるかどうかを判断しながら
購入をしましょう。

 

資産を作る

資産というのは
色んな解釈がありますが、
僕は持っているだけで利益が得られるもの
と考えています。

例えば、
不動産です。

あなたがマンションのオーナーであれば
毎月安定して家賃収入を得ることが出来ますよね!?

つまり、
マンションが資産になっているんです。

資産を作るためには
投資が必要になります。

室の高い資産をたくさん持っていれば
それだけで生活することが可能です。

浪費はなるべくせず
闘志を増やすことで
自由な人生が待っています。

 

まとめ

支出には

  • 消費
  • 浪費
  • 投資

の3つがあります。

支出は収入が増えれば増えるほど
大きくなりますが、
消費や浪費を増やしても
収入はなかなか増えません。

投資を増やす意識を持ってお金を使っていきましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です