コピーライティングとは?普通のライティングとの違いは?

copywriting

どうも、石田健太郎です。

今回は、コピーライティングについて解説していきます。

 

コピーライティングとは

ネットビジネスで大きな金額を稼ぐためには、
コピーライティングのスキルが必要になってきます。

ですが、
普通の人にとってはコピーライティングって
なんとなく聞いたことあるけど、
よく分からないレベルのものだと思います。

  • そもそもコピーライティングって何なのか?
  • コピーライティングと普通のライティングの違いは何か?

ということですが、
コピーライティングというのは簡単に言うと
人を行動させるために書く文章のことです。

ネットビジネスでは
ブログやメールマガジン、セールスレター等で
使われているスキルです。

文章に読者が思わず購入したくなるような工夫が
詰め込まれています。

ネットビジネスに限らず、
日常の中にもコピーライティングは溢れています。

きっとあなたも
スーパー等で

「限定セール!お一人様3個まで!」

のような文章を見たことがあると思います。

このように限定感を出すことで
購買意欲を刺激して特にいらない物であっても
買いたくさせています。

このように
人を行動させるライティングのことが
コピーライティングです。

コピーライティングは
広告や宣言で商品の販売目的に使用されます。

簡単に言えば、
商品を売るための文章ですね。

あなたがコピーライティングのスキルを
身に付けられたらどうなるかというと
あなたが販売する商品が売れやすくなります。

そうすると、
大きな金額も稼ぎやすくなりますね。

 

コピーライティングと普通のライティングの違いとは

コピーライティングと普通のライティングとの違いは
何なのでしょうか?

それは、

「その文章を読んだ人が行動したくなるかどうか」

です。

コピーライティングは

読者の感情を揺さぶる文章

です。

ですが、
例えば小説等を読むことで
感動したり、悲しい気持ちになったり、
心は揺れ動きます。

しかし、
小説は行動させる目的では書かれてはいません。

コピーライティングは

「読者に行動してもらうこと」

が目的となります。

もちろん、
明確な線引きはありません。

ですが、
あなたがビジネスを行っていれば
商品を販売して利益を出さなくてはいけません。

コピーライティングを意識して文章を書くことは
売上に大きく影響します。

どうやったら
人に行動してもらえるか?
商品を購入してもらえるか?

これをしっかりと考えて作られた文章かどうかが
普通のライティングとの大きな違いになります。

 

2つのコピーライティング

コピーライティングには大きく分けて2種類あります。

  • セールスコピー
  • イメージコピー

の2つです。

それぞれについて詳しく解説していきます。

 

セールスコピー

その言葉の通り

「物を売るための文章」

です。

競合他者の商品と比べてどんな優位性があるのかとか
その商品を買ったらどんないいことがあるのかなどを
伝えることで商品を欲しいと思わせます。

そのため、
何件の申し込みがあったのか?
どれくらい売上・利益があったのか?
等具体的な収支が評価基準となります。

ネットビジネスでは主に
このセールスコピーが使用されます。

 

イメージコピー

イメージコピーというのは、
面白くて、鮮やかな言葉を使って、
読者の注目を集めて、興味を持たせることで、
広告する商品の良いイメージを認知させる
ために使われるのものす。

簡単に言うと、
ブランディングとして使われる
コピーライティングです。

そのため、

  • どれだけその商品の認知度が高まったか?
  • どれだけ良いイメージを持ってもらえたか?

といったことが評価基準になります。

 

まとめ

コピーライティングは、

「人に行動させるためのライティング」

そして、

「商品を購入してもらうために使うライティング」

です。

コピーライティングを一度身に付けてしまえば、
あなたは文章を書くことで
売上を増やすことが可能になります。

そして、
コピーライティングは人間の心理を上手に活用した
ライティングテクニックなので
応用すれば日常生活でも良い影響が出てきます。

すぐにマスター出来る簡単なものではありませんが、
生涯役に立つスキルですのでしっかりと身に付けましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です