クラウドワークスで外注が集まらない時の見直すこと

crowdworks

どうも、石田健太郎です。

今回は、クラウドワークスでなかなか外注が集まらない時の対応をお話します。

 

クラウドワークスで外注が集まらない

クラウドワークスで募集をかけたけど、
思ったよりも集まりが良くない時ってけっこうあります。

そんな時に見直しべきポイントがいくつかあるので紹介します。

 

見直しポイント

募集したけどなかなか集まらない時のポイントは

  • 似た募集案件のチェック
  • 金額のチェック
  • 募集内容のチェック

です。

 

似た募集案件のチェック

あなたが募集しているものに似ている案件より
条件が良ければ
当然、条件が良い方を選びますよね!?

そのため、
似た案件をリサーチをする必要があります。

そして、
あなたの案件と似た案件を比較して
あなただったらどちらをやりたいか
考えてみましょう。

クラウドワークス上の人は
募集内容でしか判断出来ません。

そのため、
あなた以外の人が出している募集はライバルになります。

あなたより強いライバルがいたら
あなたが負けてしまう可能性が高いので
ライバルに負けないように調整する必要があります。

 

金額のチェック

仕事である以上、
報酬金額は重要な要因になります。

まず、募集を出してみて集まらないなと思ったら
少しずつ金額を上げていくと
集まりやすくなります。

一気に金額を上げたり、
最初から高い金額にしたりすると
もっと安い金額で契約出来たかもしれないという
機会損失が発生する可能性もあるので
少しずつ上げることがポイントですね。

 

募集条件のチェック

募集条件をニッチなものにしすぎてしまうと
なかなか集まりにくいです。

募集条件は最低限の条件のみにして
募集して集まった人を厳選していく方が効果的です。

募集を出してみて条件を調整しつつ集めていきましょう。

 

まとめ

クラウドワークスで募集をしてもなかなか集まらないことがあります。

そんな時は出した募集の内容を見直してみましょう。

あなた以外の人もたくさん募集を出しているので
たくさんのライバルに募集内容で勝たないと
なかなか応募してくれないので
ライバルチェックは非常に重要ですね。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です