MacでもWindowsが使える!?デスクトップクラウドとは?

cloud

どうも、石田健太郎です。

今回は、デスクトップクラウドについてお話します。

 

デスクトップクラウドとは

MacのPCをメインで使っているけど、
Windowsじゃないと動かないツールが使いたいって時ありますよね!?

そんな時に便利なのが、

デスクトップクラウド

です。

デスクトップクラウドは
仮想Windowsが使えるサービスです。

Windowsが使いたかったら
PCを買って仕舞えば良いのですが、
お金もかかるし、
場所も取られます。

ですが、
デスクトップクラウドは
仮想Windowsにリモートデスクトップというソフトを使って接続して
リモート越しになりますが、
普通のPCと同じように使うことが出来ます。

そのため、
Mac1台でMacもWindowsも使えちゃうんです。

僕はゴチャゴチャ物を持ちたくないので
かなり重宝しています。

 

デスクトップクラウドを使うメリット

デスクトップクラウドを使うメリットを紹介します。

 

24時間稼働

FXのツールやTwitterのツール等を
24時間起動させておきたいってことありますよね!?

普通のPCを24時間稼働させようと思ったら
電気代もかかりますし、
端末が熱を持って危険です。

ですが、
デスクトップクラウドは仮想のPCなので
24時間起動させたままにしておけますし
電気代もかかりません 。

なので、
フォローマティックユーザーには必須ですね。

 

コスト面

PCを買おうと思ったら結構お金がかかります。
ですが、
デスクトップクラウドは月額制で
1ヶ月2〜3千円程度から使えます。

そのため、
お手軽な金額でスタート出来ます。

 

リモート操作

デスクトップクラウドはリモートデスクトップで接続して
リモート操作します。

そのため、
リモートデスクトップが使えて
接続情報さえ分かっていれば
どこからでも繋げます。

場所に依存することがありません。

 

まとめ

リモートデスクトップは低額で使える仮想Windowsです。

Windowsのツールを動かし続けたいのならば、
必須のツールですよ。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です