ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは?Webと相性抜群!

drm

どうも、石田健太郎です。

今回はダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)について解説していきます。

DRMはネットビジネスで稼ぎ続ける上で
非常に重要なので是非理解して頂きたいです。

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは

ダイレクトレスポンスマーケティングについて解説する前に
そもそもマーケティングについて解説します。

 

マーケティングとは

マーケティングというのは
拡散させる手法全般の事を指します。

商品や理念、あなた自身等、
何かしらの目的があって
そのものを広く知ってもらうための
手法のことです。

たくさんの人から認知されて
その結果として、
果購入者を増やしていくこと

そういったもの全般を
マーケティングと言います。

 

DRMとは

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
というのは、
その名の通り
顧客から「ダイレクト」に「レスポンス」(反応)をもらう
マーケティング手法です。

メールマガジンを配信したり、
電話をしたり
FAXを流したりして
お客様から何かしらの反応をもらい、
商品の購入に繋がるように
マーケティングを仕掛けていくのがDRMです。

一般的なテレビCMのようなマーケティングとは間逆ですね。

テレビCMで商品が紹介されれば
それを見た人は直接お店に買いに行きます。

レスポンス無しで直接購入します。

ですが、
DRMはマーケティング(宣伝)と商品購入の間に
レスポンスをもらうということが入ります。

お客様から直接反応をもらい、
コミュニケーションをとることが
DRMの特徴です。

DRMを活用している例としては、
ドモホルンリンクルです。

ドモホルンリンクルは
テレビCMで化粧品を紹介しています。

ですが、
一般的なCMとはちょっと違います。

商品を直接購入してもらうのではなく、
無料サンプル品を配っているのです。

無料サンプルをもらう

という反応をお客様からとることで
反応があった人に対して
コミュニケーションをとって
見込み客として商
品の販売を行っています。

こうすることで
ドモホルンリンクルは
購入意欲の高い
お客様だけを相手にすればいいので
見込み客の選別になります。

お客様は、
商品を実際に使ってみた上で
商品を購入出来るので
買ってから後悔することがなくなります。

 

DRMの目的

DRMの目的は、

購入前のお客様の不安を取り除くこと

です。

商品を購入する前、
お客様は不安を抱えています。

「買って効果がなかった嫌だな。」

とか

「買って損したどうしよう」

という不安があります。

そういった不安を取り除くことで
お客様は商品を購入しやすくなります。

また、
お客様の反応を見ながら
商品を販売することができるので
確実にお客様が満足出来るものを
提供することが出来ます。

販売者も購入者もストレスがなくなるので
当然売れやすくなります。

 

DRMの3つのステップ

DRMは3つのステップを踏んでいきます。

  • 集客
  • 教育
  • 販売

のたった3つのステップしかありません。

 

集客

見込み客を集める段階です。

集客法はたくさんありますが、
あなたの商品を買ってくれそうな人を
ターゲットにして集客を行います。

気を付けて頂きたいことは

最初の入り口をせまくしすぎないこと

です。

集客の次のステップである教育の段階で
徐々に狭めていくため
集客の段階では広めにしておくことで
利益の減少を防ぐことが出来ます。

 

教育

集めた見込み客に対して
あなたの商品が欲しくなるよう
教育を行う段階です。

大事なポイントは

見込み客と信頼関係を築くこと

です。

あなたから見込み客に対して
様々な情報を提供して
あなたの商品に対して
価値を感じてもらうことが大切です。

間違ってもやってはいけないことは
いきなり商品を売り込むことです。

信頼関係のない状態で
商品を売り込まれても
見込み客は嫌がります。

きちんと見込み客との信頼関係を構築した上で
次のステップである販売を行います。

 

販売

信頼関係を築いて
あなたの商品に価値を
感じるように教育したら
最終段階として商品を販売します。

教育の段階で
見込み客に対して
しっかりとした信頼関係が出来ていて
あなたの商品に価値を感じてていれば
高い確率であなたの商品は売れます。

 

Web × DRM

DRMとWebの相性は抜群です。

WebとDRMを組み合わることで
ローリスクハイリターンな
ビジネスが可能になります。

Webの強みとしては

  • 見込み客が大勢いる
  • 少額投資で良い
  • 時間対効果が抜群

ということがあります。

Web上では、
数え切れないほど
多くの人が何か検索したりしています。

そして、
それは場所に依存しません。

東京じゃなきゃダメ
というようなことはありません。

つまり、
全世界の人を
相手にすることが出来るのです。

Web上のものすごく広い範囲から
お客さんを集めることが出来るので、
莫大な利益を獲得することも出来ます。

Web上から集客して
あなたのメルマガ等に誘導して
そこで反応をとって
商品を販売するということも出来ます。

また、
Web上であれば
少額投資でビジネスをすることが出来ます。

あなたのサイト作って運営するのは
月額数百円程度で可能ですし、
あなたのメルマガを発行するのは
月額5千円程度で出来ます。

リアルビジネスと比較すると
圧倒的に少額投資でビジネスを展開可能です。

そして、
時間対効果も抜群に良いです。

なぜなら、
やみくもに商品を販売をしているのではなく、
お客様の欲しい商品を
提案しているため
非常に時間帯効果も良くなっています。

テレアポと比較すると
分かりやすいです。

テレアポはひたすら電話をかけて
契約を取っていくのですが、
1本の契約を取るまでに
膨大な回数、断られます。

ですが、
DRMは欲しい人に売るので
それがありません。

販売者も購入者も
ストレスを減らすことが出来るのがDRMなので、
ビジネスを行っていく上で
売るのが苦手という
心理的にに障壁がある方でも
DRMをマスターすれば
そういったストレスもなくなります。

そして、
理想のライフスタイルの実現が出来ます。

DRMを使うことで
少ない労力、時間で莫大な利益を得て、
ビジネスが出来ます。

そして、
Web上で完結出来るので
世界中どこにいても
PC1台あれば可能です。

DRMとWebを融合させたビジネスを展開することで
あなたの理想のライフスタイルも実現出来ます。

 

まとめ

DRMは、

  • 集客
  • 教育
  • 販売

の3つのステップを踏むことで
販売者も購入者も
大きなメリットを得る事が出来ます。

また、
DRMとWebを組み合わせることで
PC1台で世界中どこにいてもビジネスが展開出来ます。

費用対効果も時間対効果も抜群なので
あなたの理想とするライフスタイルも実現出来ます。

ぜひあなたもDRMを使いこなして
ビジネスに取り入れていきましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です