最強のTwitterツール・フォローマティックXY

followmatic

どうも、石田健太郎です。

今回は、最強のTwitterツール、フォローマティックを紹介します。

 

フォローマティックとは

フォローマティックというのは、
業界ではとても有名なTwitterの自動化ツールです。

もしかしたら、
あなたも聞いたことがありかもしれませんね。

というか、
既に持ってたりしますか?

もし、
聞いたことない、知らない
という方はこちらをご覧下さい。

フォローマティックとは?

フォローマティックは
自動フォローツールのフォローマティックX
自動ツイートツールのフォローマティックY
で構成されています。

それぞれについて
僕の使い方を紹介します。

 

フォローマティックXの使い方

フォローマティックXは自動フォローツールです。

設定した内容で自動的にフォローしてくれるので
フォロー返しでフォロワーが自動的に増えていきます。

僕がオススメする使い方は
アカウントに耐性がつくフォロワー数2000人まで
フォローマティックXを使って
それ以降は手動で運用する
という方法です。

僕はフォロワー数2000人に達して
ようやくスタートラインだと思っています。

まずはとりあえず、
フォロワー数2000人まで増やして
そこから今度は
フォロワーの質を高めていくべきだ
と考えています。

複数のアカウントを手動で運用して
フォロワー数を2000人にするのは
けっこう大変なことです。

毎日毎日チマチマフォローしていたら
それだけでかなりの作業時間がかかってしまいます。

ですが、
単調な作業はツールに任せてしまって
重要なことだけ自分でやることで
作業の質を落とさずに
自分の時間を確保出来ます。

とりあえず質にこだわらずにフォロワーを増やす
という単調な作業は
フォローマティックXに任せてしまおう
ということです。

フォローマティックXを使う時に
気を付けなくてはいけないことは

  • ロック
  • 凍結

です。

手動でやっていてもロックや凍結は起こりますが、
ツールも使い方次第でロックや凍結が頻発してしまいます。

そこで、
気をつけるべきポイントは、

  • フォロースピードを早くしすぎないこと
  • フォロー返しが期待出来ないアカウントをフォローしないこと

の2つです。

 

フォロースピードを早くしすぎないこと

フォロースピードが早すぎると
ロックや凍結がしやすくなります。

早いペースでフォローしていたら
手動でも簡単にロックや凍結が発生します。

Twitter社からしたら
明らかに不審な動きですからね。

そのため、
フォロースピードは
少なくとも30秒以上にしましょう。

フォロースピードは可能な限り遅い方が良いです。

ですが、
登録しているアカウント数によっては
フォロースピードを遅くしすぎると
全てのアカウントが回りきるまでに
1日以上かかったりもするので
登録しているアカウント数との相談になります。

 

フォロー返しが期待出来ないアカウントをフォローしないこと

フォローマティックでは
フォローするアカウントの属性を設定することが出来ますが、
フォロー返しが期待しにくいアカウントは
なるべくフォローしない方が良いです。

というのも、
下手にフォローすると
ブロックやスパム報告をされるからです。

ブロックやスパム報告が積み重なると
アカウントが凍結します。

そのため、
相互フォローアカウントのようなフォロー返しが
期待出来るアカウントをフォローしていくのが良いですね。

 

フォローマティックY

フォローマティックYは自動ツイートツールです。

フォローマティックXを使うためにも
フォローマティックYは重要です。

なぜかというと、
何もツイートしていないアカウントは
面白くもなんともないので
フォローされにくいからです。

そのため、
しっかりとつぶやき集を作って
フォローマティックYに
ツイートをさせる必要があります。

つぶやき集を作る時に困るのが

つぶやきのネタをどうやって見つけるか?

です。

僕は、
まず他のTwitterをリサーチします。

そして、
Twitterの検索窓にキーワードを入れて、
作ろうとしているアカウントの
参考になるアカウントを探します。

そして、
いいねやリツイート数が多いつぶやきを
パクります。

ただ、丸々パクってしまうと
単なるパクツイになってしまうので
リライトが必須ですね。

この作業を自動化してくれる
フォローマティックZというツールもありますが、
フォローマティックZは
普通に購入することが出来ないので、
地道にやっていくしかないですが、
つぶやき集を作ってしまえば
あとはフォローマティックYが
自動でつぶやいてくれます。

 

フォローマティックの注意点

フォローマティックを購入した時に
誰しもこんな風に思います。

フォローマティックを使えば自動的に稼げる

ですが、
そんなのは幻想です。

フォローマティックを使っても稼げません。

正しく言うと、
きちんと使いこなせなければ稼げません。

フォローマティックはあくまでも
補助ツールです。

あなたが出来ることを
ツールに任せることは出来ますが、
あなたに出来ないことは
ツールにも出来ないと思った方が良いですね。

また、フォローマティックを買った後も
経費が必要になります。

フォローマティックYはブラウザから操作出来ますが、
フォローマティックXは専用のPC等を用意しないといけません。

フォローマティックXは端末にインストールして使います。

だから、
フォローマティックXを24時間稼働させるためには
24時間PCを立ち上げっぱなしにしなくてはいけないので
電気代がかかります。

また、フォローマティックXはWindowsにしか対応していないので
Macをお使いの方は使用出来ません。

その場合は、
デスクトップクラウド等の
クラウド環境を使うべきですね。

デスクトップクラウドとは?

これまた、
お金がかかってしまうのですが、
年間2万円程度かかります。

そのため、
まだあまり稼げていない状態だと
けっこうな出費になります。

こういった金銭的なリスクがないと
本気にはならないので
ちょうどいいプレッシャーかもしれませんが、
気をつけないと大赤字にもなりかねませんね。

 

まとめ

フォローマティックは非常に優れたツールです。

ですが、
Twitter運用でベストなのは
ツールに頼らずに手動運用することです。

ですが、
現実的に考えると一人で出来ることは限られるので
フォローマティックに頼ってアカウントをある程度育てて
そこから手動で運用していくことで
効率的に稼ぐことが可能になります。

集客はビジネスをする上で
避けて通ることは出来ません。

なるべく、
楽に集客するためにも
ツールを活用してビジネスを効率化していきましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です