フロントエンド・バックエンドとは?具体例&活用方法

puzzle_dollar

どうも、石田健太郎です。

今回は、フロントエンドとバックエンドについて解説していきます。

フロントエンド、バックエンドについては
ネットビジネスを行う上で必要な知識なので
自分の中にきちんと落とし込んで下さいね。

 

フロントエンドとは

フロントエンドというのは、
本当に売りたい商品を販売するための
お試し商品のことです。

例えば、
高級焼き肉店の叙々苑のランチ営業です。

普通に叙々苑で焼き肉を食べたら
1人1万円以上はかかります。

ですが、
ランチだと3千円〜5千円程度で食べられます。

このランチメニューがフロントエンドなんです。

叙々苑として本当に売りたいのは
ディナータイムでの焼き肉です。

ですが、
ランチでちょっと安く提供することで

「叙々苑の焼き肉って美味しいじゃん。」

「ディナータイムにも食べに来よう。」

という風に仕向けています。

フロントエンドは利益を目的としているというよりも
見込み客を集めることを目的としています。

だから、

「低価格で良いもの」

という商品になります。

「こんな値段でここまでやるんだ」

という商品やサービスを
フロントエンドで提供することで
お客様の期待感を高めて
本当に売りたい商品の購入に繋げます。

 

バックエンドとは

バックエンドというのは、
利益を上げるために
本当に売りたい商品のことです。

バックエンドは
フロントエンドを購入してくれた
お客様様に対して販売します。

フロントエンドはバックエンドを販売するためにあります。

フロントエンド → バックエンド

の流れを作ると
お客様はフロントエンドを購入した上で
バックエンドを購入します。

フロントエンドが良い商品であったなら
バックエンドは更に良い商品です。

フロントエンドがめちゃくちゃ良いもので
バックエンドがダメダメだったら
それは単なる詐欺ですね。

なので、
お客様はフロントエンドの段階で
ある程度商品の良し悪しが判断出来ます。

バックエンドは
フロントエンドと比べると
質が非常良くて
高単価なものになります。

お客様が
フロントエンド → バックエンド
の流れを辿ることで
フロントエンドでブランドを感じて
そして、
バックエンドで更にブランドを感じてくれます。

つまり、
バックエンドが売れると
ファン度が高まります。

フロントエンドを購入して、

  • もっと学びたい
  • もっと綺麗になりたい
  • もっとやせたい

と思ったお客様が購入するのが
バックエンドなので
お互いwin-winの関係になります。

 

まとめ

  • フロントエンド(低価格なお試し商品)
  • バックエンド(高価格な高品質商品)

の2つの商品を用意することで
売上をアップさせることが出来ます。

フロントエンドとバックエンドの
中間の商品として
ミドルエンドを用意することもあります。

お客様のファン度を高めつつ
お互いにWin-Winな関係を構築し
ビジネスを拡大出来るので
ぜひあなたも活用して下さいね。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です