GDTの法則とは?感情を揺さぶるライティングを!

gdtnohosoku

どうも、石田健太郎です。

今回は、コピーライティングのGDTの法則について解説していきます。

 

GDTの法則とは

GDTの法則というのは
人間の欲求を9つに分類して
その9つをG、D、Tの3つに類型化したものです。

人間は感情で商品を購入して、
後から理由付けをして正当化します。

そのため、
お客様の感情を揺さぶることで
商品を購入させることだって充分に可能です。

人間の欲求がどのようなものかを理解することで
あなたも読者の感情を揺さぶることが
出来るようになります。

読者の感情を揺さぶって
購買意欲を高めることが出来れば
成約率も上がるので
ぜひ理解して頂きたいです。

今回お話するGDTは、

  • Goals(目標)
  • Desires(願望)
  • Teasers(本性)

の頭文字を取ったものです。

それぞれについて詳しく解説していきます。

 

Goals(目標)

Goalsは以下の3つに分類されます。

  • Time (時間をかけたくない)
  • Effort (努力したくない)
  • Money (お金を稼ぎたい)

人間の目標に対する欲求です。

Timeというのは、
なるべく時間をかけずに
短期間で達成したいという欲求です。

人は、1年よりも1ヶ月、
1ヶ月よりも1週間と
なるべく短期間で
結果を出したいと考えています。

Effortというのは、
なるべく努力をしないで
少ない労力で結果を出したい
という欲求です。

楽して結果を出したいと考えています。

Moneyというのは、
お金を稼ぎたい、お金を節約したい
という欲求です。

大金を稼ぎたいけど、
なるべくお金を使いたくないと考えています。

以上、
Time、Effort、Moneyが
Goalsの3つの欲求です。

 

Desires(願望)

Desiresは以下の3つに分類されます。

  • Greed (富や名声、名誉が欲しい)
  • Lust (愛されたい、美しくなりたい)
  • Comfort (快適でいたい)

人間の願望です。

Greedというのは、
お金が欲しい、
他人から認められたい
という欲求です。

Lustというのは、
異性からモテたい、
美しくなりたい
という欲求です。

異性からモテるには美しい方が有利です。

また、
女性に限らず男性も美しくありたいという
欲求を持っている方も非常に多い傾向にあります。

Comfortというのは、
快適な生活を送りたいという欲求です。

人間は、
自分が快適な状態、
コンフォートゾーン
という空間を持っています。

そして、
コンフォートゾーンの外に出ると
苦痛を感じるため
コンフォートゾーンから
出ることを嫌います。

そのため、
人は自分の快適な状態を守りたい
という欲求があります。

以上、
Greed、Lust、Comfortが
Desiresの3つの欲求です。

 

Teaser(焦らす、悩ます)

Desiresは以下の3つに分類されます。

  • Scarcity (希少性)
  • Curiousty (興味)
  • Controversy (反社会性)

Scarcityというのは
人は期間限定等の
希少性がある言葉に弱いことです。

「限定○人のみです。」

といったキーワードを
文章に組み込むことで
希少性を刺激して、
読者からの反応が良くなります。

Curioustyというのは
人の興味をそそることです。

「閲覧注意」や「決して見ないで下さい」

といったらことが書かれていると
人はつい気になって見てしまいます。

このように
人間の心理を付いた言葉を使うことも
有効な手段です。

Controversyというのは
人は一般常識を覆すような言葉や
アンダーグラウンドな世界に
興味を惹かれることです。

例えば、
あなたが寝ている間に、
PCが勝手にお金を稼いでくれます

みたいなフレーズは、

「お金は働かないと稼げない」

という常識を覆しています。

一般的に考えてありえないような
コピーを書くだけで、
読者からの反応がとても良くなります。

以上、
Scarcity、Curiousty、Controversyが
Teaserの3つの欲求です。

 

最も刺激が強いのは何?

GDTの法則について解説しましたが、
G、D、Tの中で最も人間の欲求を強く刺激出来るのは
「Teasers(焦らす、悩ます)」です。

G<D<Tの順で
読者の反応が良くなります。

ただし、
反応が良くなるからといっても
Teasersの使い過ぎは厳禁です。

冷静に考えてみれば分かると思いますが、
Teasersを出し過ぎると
単なる煽りになっていまいます。

  • 期間限定です。
  • あと数時間です。
  • もうこれが最初で最後です。

こんなメッセージばかりが届いたら嫌ですよね!?

そのため、
GDTのバランスを考えて
使用するようにしましょう。

 

まとめ

繰り返しになりますが、
人は感情で購入を決定して
買った後に理由付けをします。

そのため、
何か商品を買ってもらいたいのであれば、
GDTの法則を使って
人の欲求を刺激するのは非常に効果的です。

GDTの法則の9つの欲求を上手に刺激して、
読者の購買意欲を刺激していきましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です