キーワードの需要の有無を調べるためのツールとは?

keyword_research

どうも、石田健太郎です。

今回は、キーワードを見つける時に使うツールをお話します。

 

キーワードの選定と需要の有無の判断

GoogleAdSenseのようにアクセスを集めることが重要な手法では
需要のあるキーワードを選定することが重要ですが、
どうやってキーワードが需要があるかどうかを判断すれば良いのでしょうか?

需要のあるキーワードの見つけて検索されるサイトを作る

こちらの記事で紹介したサイトで
キーワードを見つけたら
そのキーワードが需要があるか調べましょう。

キーワードを見つけて満足していては
おそらく失敗します。

というのも、
誰も検索しないようなニッチなキーワードを使ってしまうと
どれだけ苦労して記事を作っても
当然、検索されない記事が出来上がります。

手間を惜しまずに、
キーワードを見つけたら
キーワードの需要を調べましょう。

 

キーワードの需要の調べ方

では、どうやってキーワードの需要を調べるのかというと、

goodkeyword
https://goodkeyword.net/

Googleキーワードプランナー
https://adwords.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

を使います。

どちらのツールも無料で使えますよ。

 

goodkeyword

goodkeywordは検索窓にキーワードを入力すると
関連ワードを検索することが出来ます。

関連ワードを見つけるツールとしても使えますが、
そのキーワードがどの時期に
どれくらい検索されるがグラフとして表示されます。

このグラフが表示されないキーワードは
検索ボリュームが少なすぎて
ほとんど検索されないキーワードなので
記事のネタにするのは避けた方が良いですね。

 

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーはキーワード選定の鉄板ツールです。

キーワードの月間の検索ボリュームを
大まかな数値として調べることが出来ます。

月間の検索ボリュームが多すぎるものは
ライバルも多く、あなたのサイトが強くないと勝つことが難しいので
100~1000くらいの検索ボリュームのキーワードを狙っていくと良いです。

 

まとめ

goodkeywordとGoogleキーワードプランナーを使えば
需要のあるキーワードが見えてきます。

良いキーワードで記事を書けば
アクセスもドンドン集まります。

キーワードが見つかったら、後は記事を書くだけですよ。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です