読者が「読みたい!」と思う記事の書き方

pc_coffee

どうも、石田健太郎です。

今回は、読者が読みたいと思う記事の書き方をお話します。

 

読者が読みたいと思う記事

GoogleAdsenseで稼ぐためには
サイトにアクセスを集めて広告をクリックされればよいのですが、
そのためにはまず、読者に記事を読んでもらわなくてはいけません。

そこで重要になるのが、
記事を一目見た時に読みたいと思えるかどうかなのです。

では、どうしたら読みたいと思えるのかということを解説していきます。

 

適切な見出し

記事が本文だけだと非常に見にくいです。

そのため、適切な見出しを設定しましょう。

見出しは、

h2タグ、h3タグ、h4タグ・・・

を入れ子にして使用しますが、
細かく階層構造にするのは大変なので
まずはh2タグだけで見出しを作ってみましょう。

そして、
慣れてきて余裕があれば
h3タグ、h4タグ・・・
を使用しましょう。

 

適切な改行

適切な改行や句読点がない文章は非常に読みにくいです。

特に文字がびっしりで改行が全くない文章なんて
開いた瞬間に読む気が失せてしまいます。

読みにくい文章は離脱率が高くなってしまい
SEO的にも良くない影響が出てしまいます。

適度に改行をする必要があります。
必要があれば2行、3行と複数行の改行を入れましょう。

 

適切な画像・動画

文字だけの記事は寂しく感じますし、
とっつきにくいものに思えてしまいます。

そのため、
適度に画像や動画を入れると良いです。

画像はタイトル下に一つ、そして各見出しに一つずつがベストですが、
最低限タイトル下には入れましょう。

また、動画はYouTubeから記事にあったものを見つけてくると良いですね。

 

まとめ

読者のことを考えて、
読者の読みやすい記事を書くことは非常に重要です。

読者がしっかりと記事を読んでくれれば
滞在時間が伸びてサイトが評価されるようになります。

そうすれば、
アクセスも伸びやすくなります。

細かいことの積み重ねが大きな成果につながるので
読者を意識した記事を作りましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です