記事作成スピードをUPさせるテクニック

kiji_sakusei

どうも、石田健太郎です。

今回は、記事作成スピードをUPさせる方法をお話します。

 

効率的に記事を書く

あなたは記事を一つ書くのにどのくらいの時間がかかりますか?

僕は最初の頃、1記事書くのに3時間くらいかかっていました。笑

1記事3時間じゃ
時間がいくらあっても全く足りませんでしたね。

仕事から帰ってきてから
眠たい目をこすって睡眠時間を削って
記事を書いていましたがかなりキツかったです。

記事を書く時間が減れば
かなり楽だなぁと思い日々効率的な書き方を模索していましたが、
書き方をちょっと変えるだけで一気に時間短縮することが出来ました。

あなたもきっと活用出来るテクニックなので、紹介しますね。

 

記事を書くスピードをUPさせる方法

記事を書くスピードをアップさせるテクニックを2つお伝えします。

 

テンプレートを作る

記事のテンプレートを作って
テンプレートに沿って書いていけば迷わずに記事を作れます。

テンプレートはこんな感じです。


記事タイトル

画像

冒頭文

見出し1

見出し説明文1

・・・

見出し2

見出し説明文2

・・・

見出し3

見出し説明文3

・・・

見出し4

見出し説明文4

・・・

見出し5

見出し説明文5

・・・

まとめ

・・・


この形で書けば良い感じの記事になりますよ。

 

タイトル→見出し→本文の順で書く

思いつくままに記事を書いてもなかなか良い記事は書けません。

タイトル→見出し→本文の順で書くことで
効率良くしっかりとした記事を書けます。

まずはキーワードからタイトルを作ります。

そして、タイトルを元に見出しを作っていきます。

見出しにキーワードを盛り込むを忘れずに。

そして、最後に本文(冒頭文・見出し説明文・まとめ)を書いていきます。

タイトルや見出しがしっかりと決まっていれば
後は文章で肉付けしていくだけなので
大きく方向がブレた文章になりにくいです。

それに、
あなたが読者に伝えたいことを伝えやすい書き方なので
読みやすい文章になります。

ぜひやってみて下さい。

 

まとめ

効率良く記事を書ければ
その分浮いた時間を違うことに使えます。

時間を有効に使えれば
その分もっとたくさんのことが出来るようになります。

ちょっと意識を変えるだけで
記事の作成スピードはグンと上がりますよ。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です