ライバルチェックのポイントはここだ!

rival_men

どうも、石田健太郎です。

今回は、ライバルチェックのポイントをお話します。

 

ライバルチェックとは

どれだけ検索ボリュームがあるキーワードを見つけても
そのキーワードで既にたくさんのサイトが作られていたら
あなたが同じキーワードで記事を書いても
なかなか上位表示されません。

競合サイトが強ければ
あなたのサイトがよっぽど強くない限り勝てません。

特に、サイトを立ち上げたばかりでは
全く歯が立ちません。

そこで、
キーワード選定が終わったら
実際に検索エンジンにキーワードを入力して検索してみて
競合になるサイトをチェックしなくてはいけません。

これが、
ライバルチェック
です。

なるべく競合がいない、競合が弱いけど
それなりに検索ボリュームがあるキーワードを探していくのが
サイト立ち上げ初期には有効です。

 

ライバルチェックのポイント

  • 運営者
  • 特化サイト
  • 無料ブログ・独自ドメイン
  • 記事のクオリティ
  • 記事数
  • 運営履歴

の7つがライバルチェックのポイントです。

それぞれ解説していきます。

 

運営者

運営者が企業か個人かを確認しましょう。

企業が運営する特化サイトは非常に強いです。

例えば、
じゃらん、cookpad、和光堂等ですね。

また、企業が運営しているキュレーションサイトも
非常に強力なライバルです。

RETRIP、キナリノ、カウモといったサイトですね。

キュレーションサイトは1日の更新数も多いですし、
SNSで拡散してアクセスを集めているので
かなりの強敵なので同じ土俵で戦わない方が得策です。

 

特化サイト

Googleは専門性の高いサイトを上位表示させる傾向があります。

そのため、
特化サイトはSEO的に強いです。

検索結果の上位に特化サイトが多いキーワードは
止めておいた方が良いでしょう。

 

無料ブログ・独自ドメイン

無料ブログはアメブロ、seesaaブログ、FC2ブログ等のことです。

無料ブログは初期の頃は独自ドメインよりも強いですが、
運営歴が長くなると独自ドメインの方が強くなります。

そのため、
検索結果が無料ブログばかりだとチャンスですね。

ただし有名芸能人が書いているブログは
無料ブログでも強い傾向があるので注意して下さい。

 

記事のクオリティ

タイトルに狙っているキーワードが全て含まれていなくとも
上位表示されていたりすることがあります。

その場合、
しっかりと狙っているキーワードを含めたタイトル、記事を作れば
あなたのサイトが上位表示される可能性が充分あります。

ただし、企業が運営しているサイトが
上位表示されているキーワードは例外です。

企業が運営しているサイトにはなかなか勝てません。

また、
記事の文字数が少ない(数百文字程度)サイトが上位表示されている場合、
あなたがしっかりとした記事を書けば全然勝つことは可能です。

 

記事数

必ずしも

記事数は多い = 良い

ではないですが、
しっかりとした記事が300記事を超えていたらかなり強い
と判断出来ます。

記事数はサイトマップを見るとチェックできますよ。

 

運営履歴

営歴が長い=ドメインが強い

です。

サイトによっては
サイドバーにアーカイブがあるので
いつから運営しているかをチェック出来る場合もあるので
要チェックですね。

 

まとめ

競合が強くたくさんいるキーワードでは
なかなかあなたのサイトを上位表示させることは出来ません。

そのため、ライバルチェックが重要になります。

競合が弱く少ないキーワードで上位表示をさせることで
アクセスが集まり、あなたのサイトが強くなっていきます。

サイトが強くなれば強力なライバル達とも戦えるようになるので
ライバルチェックをしてあなたが戦えるキーワードを見つけましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です