記事のタイトルを付ける3つのポイント

title

どうも、石田健太郎です。

今回は、タイトルをつける時のポイントをお話します。

 

タイトルは大事

あなたは調べ物をする時、
検索エンジンにキーワードを入力して調べますよね!?

そして、
検索エンジンでヒットしたページのタイトルで
あなたが求めている内容かどうかを判断します。

つまり、
タイトルの付け方一つであなたのサイトへの
アクセス数が大きく変わってきます。

いかに読者の興味を引くタイトルを付けられるかどうかが重要になってきます。

検索結果には本文はちょっとしか表示されないので
タイトルで判断して、見る、見ないを決めます。

そのため、
どれだけ良い内容の記事を書いても
タイトルがダメダメだったら
全くアクセスは集まりません。

なので、
きちんとポイントを押さえたタイトルを付ける必要があります。

 

タイトルをつける時のポイント

タイトルを付ける時に最低限押さえておくべきポイントが3つあります。

その3つは、

  • キーワードを盛り込む
  • なるべく30文字前後で
  • オチを言わない

です。

それぞれ詳しく解説します。

 

キーワードを盛り込む

タイトルに入っているキーワードがSEOに大きく影響します。

そのため、絶対にキーワードをタイトルに入れましょう。

そして、キーワードはなるべく左側にあるとより良いです。

目安としては16文字以内にキーワードを入れましょう。

 

なるべく30文字前後で

タイトルは長すぎず、短すぎずが良いです。

30文字前後がベストですね。

なぜこの文字数かというと、
検索エンジンで表示される最大文字数が30文字だからです。

長すぎると途中で切れてしまって
訳が分からないタイトルになりますし、
短すぎると読者に内容が伝わりにくいです。

そのため、
30文字を目安にタイトルを付けましょう。

 

オチを言わない

かなりやりがちなミスが
タイトルでオチが分かってしまうということです。

タイトルでオチが分かってしまうと
わざわざ本文を読む必要はないので
あなたのサイトを見ようとする人はいなくなります。

そのため、

「人生でモテ期が3回と言われることにはワケがあった・・・」

というように
オチが気になるタイトルの付け方をしましょう。

 

まとめ

記事のタイトルはSEOの要素として非常に重要ですし、
タイトルの付け方一つで読者の興味を引く
魅力的な記事が作れます。

ポイントをしっかりと押さえて
工夫しながらタイトルを考えましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です