「知っている」と「出来る」は全く別物

I think I can

どうも、石田健太郎です。

今回は「知っている」と「出来る」は違うということをお話ししていきます。

 

物事の習熟度

物事の習熟度は

知っている → 出来る → 教えられる

の順で上がります。

知っているだけでは、
まだまだ習熟度は低く
自分にも、他人にも価値を与えることは難しいです。

ですが、
出来るようになると、
自分に対して価値を与えられるようになり、
教えられるようになると、
他人に対しても価値を与えられます。

誰でも知っているようなことでも
誰でも出来るようなことでも
教えられるほどに習熟度が上がると
それだけで価値になります。

 

知っていると出来るの違い

「知っている」と「出来る」は
似て非なるものです。

まずは、
知っていると出来るの違いについて
解説します。

 

知っている

ある物事について
知識だけがある状態が
知っているということです。

例えば、
世の中にはアフィリエイトのことを
知っている人は大勢います。

アフィリエイトとは何か、
アフィリエイトは
どのような仕組みになっているのか、
等アフィリエイトの知識がある状態です。

ですが、
知識があるだけでは
得られるものがありません。

実際、
アフィリエイトを知っている人は
大勢いるのに
出来る人は少ないです。

そのため、
アフィリエイトで
稼いでいる人は少ないです。

つまり、
知っているだけでは
あまり意味が無いということです。

 

出来る

出来るというのは、
ある物事についての知識があるのは
もちろんのこと、
実際に自分でやってみて
結果を出している状態です。

アフィリエイトには
たくさんの手法がありますが、
自己アフィリエイトが
一番簡単に”出来る”と思います。

自己アフィリエイトが分からない方はこちらから。

自己アフィリエイトとは

なぜなら、
自己アフィリエイトは
やり方もシンプルで実践もしやすく、
なおかつ
ほぼ100%稼げる(結果を出せる)
からです。

10万円くらいならば、
きちんと実践すれば間違いなく稼げます。

知っているという状態から
出来るという状態に変わると
得た知識をベースに
価値を得る事が出来ます。

価値 = お金

ということもあります。

特にアフィリエイトはお金に直結しますね。

知識を身につけた後は
自分で出来るようになることで
あなた自身が価値を得ることが出来るようになります。

 

出来るようになったら、教えられる

出来るの次のステップは
教えられるです。

繰り返しになりますが、

知っている → 出来る → 教えられる

の順で習熟度は上がります。

教えられるようになると
あなた以外の人にも
価値を与えられるようになります。

どういう事かというと
教えるということを
仕事にすることも出来るということです。

例えば、
塾の先生です。

あなたは算数を知っていますよね!?

そして、
算数が出来ますよね!?

足し算や引き算、掛け算、割り算くらい
僕だって出来ますし、
小学校を卒業していれば
みんな出来るはずですよね!?

ですが、
算数を教えるとなると
ちょっと難しいはずです。

みんな当たり前に出来ることであっても
教えることはなかなか出来ないので、
塾の先生や家庭教師という
勉強を教える職業が成り立ちます。

教えることで生徒に算数を出来るようにする

という価値を与えられるので
それで収入を得られます。

これはあなたも同じです。

みんなが当たり前に出来ることであっても
教えることが出来れば、
それを元に大きな収入を得ることが出来ます。

1つのことを深掘りしていくことで
与えられる価値を
ドンドン大きくしていくことが出来ます。

 

まとめ

知っている → 出来る → 教えられる

の順習熟度が上がり、
与えられる価値も大きくなります。

与えられる価値が大きくなれば、
あなたの収入を増やすことも出来ます。

1つのことを深掘りして
教えるレベルになれるよう
習熟度を高めてましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です