ランディングページ(LP)とは?メルマガ登録率UPのコツは?

landing_page

どうも、石田健太郎です。

今回は、ランディングページについてお話します。

 

ランディングページとは

ランディングページ(LP)は
ネットビジネスにおいては
メールマガジンの登録ページ
という意味合いで使われます。

厳密に言うとちょっと違いますが、

ランディングページ = メールマガジンの登録ページ

だと思って下さい。

メールマガジンを発行する場合、
このランディングページは非常に重要です。

なぜなら、
ランディングページの良し悪しで
メルマガの登録者数が変わってくるからです。

メルマガのメリットは
1通のメールでも
たくさんの人に届けることが出来ることです。

読者が多ければ多いほど、
1通のメールの効果は大きくなります。

メルマガに登録してもらわなければ
あなたがどれだけ良い情報をメルマガで配信しても
全く届きませんからね。

ランディングページのちょっとした違いによって
メルマガの登録率は大きく変わります。

なので、

良いランディングページ
(登録率の高いランディングページ)

を作ることが、
メルマガでの情報配信では重要になります。

 

登録率を上げるには

やっぱり気になるのが、
どうしたら登録率が上げられるのかですよね!?

厳しいことを言うようですが、
登録率を上げるには
トライアンドエラーの連続になります。

ランディングページには
こうすれば良い
というような形はあるものの、
まずは作ってみて、
アクセスを流して検証する

ということを繰り返していくことで
徐々に登録率は上がります。

ABテストといって

  • Aパターンのランディングページ
  • Bパターンのランディングページ

を用意して
どちらにも同じくらいのアクセスを流して
どちらの方が登録率が高いかを確認するテストを
繰り返すことで登録率は上がります。

ちょっとしたメッセージや画僧の違いだけでも
登録率は変わってくるので
色々なパターンを試して登録率を高めていきましょう。

そして、
アクセスの元の違いも
登録率に大きな違いが出ます。

例えば、
TwitterやFacebookといった
SNSからランディングページにアクセスを流すのと
広告からランディングページにアクセスを流すのでは
登録率に大きな違いが出ます。

というのも、
SNSは普段の投稿から人柄や雰囲気等が分かりますし、
SNS上でコミュニケーションを取っていれば
あなたに興味を持って
メルマガに登録してくれる方もいます。

ですが、
広告はランディングページの情報だけでしか
判断出来ません。

ランディングページが
刺さるか、刺さらないかの差が登録率に現れます。

アクセスの元によって
ランディングページを変えて最適化する

というやり方も出来ますので
工夫して登録率を高めていきましょう。

 

まとめ

メルマガでの情報発信する人にとって
ランディングページは非常に重要です。

メルマガの登録率が収益に直結しますからね。

登録率をいきなり高めることはかなり難しいので
まずは作ってみて、徐々に改善していって
登録率を高めていきましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です