共通敵を作って共感を生む

chess

どうも、石田健太郎です。

今回は、共通敵を作る方法ついてお話します。

 

共通敵がいると団結する

共通敵というのは、
文字通り、共通の敵です。

例えば、
嫌な会社上司のように
自分だけでなく
他の大勢も嫌っているような人や物が
共通敵です。

この共通敵がいるとどうなるか
というと、
共感が生まれて団結しやすくなります。

嫌な会社の上司がいたら
その人の愚痴を言い合っているうちに
自然と仲良くなる

そんな感じですね。

 

メルマガで共通敵を使う

共通敵はメルマガでも有効です。

共通敵を作ることで
読者と団結することが出来ます。

そして、
強い共感を生むので
一気にあなたの言葉が伝わりやすくなります。

共通敵を使う場合、
個人を特定する具体的なものよりも
抽象的なものの方が良いです。

では、
具体的に
どんな共通敵がいるかというと

  • 詐欺師
  • 腐った世の中
  • 給料が上がらない会社
  • 平和を脅かす存在

こんな感じですね。

個人を特定するような表現にすると、
それがその人の元に届き
あなたに返ってきます。

だから、
共感されるような
抽象的な表現するべきです。

あなたと読者との共通敵、
つまり共通認識があると
団結が生まれて共感に繋がります。

共通敵というものは
使い方次第で大きな影響を与えるので
是非使いこなせるようになって下さい。

 

まとめ

共通敵がいると
自然に団結し共感されるようになります。

共通敵が上手く刺さった時、
強い共感が生まれるので是非、活用して下さい。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です