メルマガ読者をセグメントして高収益に!

segment

どうも、石田健太郎です。

今回は、メルマガ読者のセグメントついてお話します。

 

セグメントとは

メルマガをする上で
ターゲットを明確化することが重要です。

あなたが
どんな人に
メルマガの読者になってほしいのか?

そして、
どんな人には
メルマガ読者になってほしくないのか?

をはっきりさせることで
あなたのリストをより濃くすることが出来ます。

結構有効な方法が、

LPやメルマガで直接書いてしまうことです。

  • お金を稼ぐ事に興味がない人は登録しないで下さい。
  • 興味がない人は解除して下さい。

こんな感じで、
書いてしまえばOKです。

リストの質が格段に上がります。

このように
リストの質を高めるために
重要なのが、

セグメント

です。

セグメントというのは
区分けという意味ですが、

メルマガでのセグメントは
読者を区分けすることです。

例えば、

「Aという企画をします。
 興味がある方はこのメルマガに
 登録して下さい。」

と言えば、
あなたが持っているリストの中から
Aに興味がある人が区分け出来ますよね!?

このように、
あなたのビジネスに合わせて
読者を分けることがセグメントです。

 

セグメントしたリストへのアプローチ

セグメントしたリストは
なるべくメールアドレスだけでなく
名前も取得するようにしましょう。

名前の情報があるとメルマガ発信の際に
名前を呼ぶことで特別感を与えられます。

そして、
セグメントしたリストに対して
その属性にあった教育をして、
アフィリエイトや商品販売をすれば
成約率が高くなります。

リストが少ないと
売上や利益が少なくなるイメージが
あるかもしれませんが、
濃いリストであれば
成約率が高くなるので
寧ろしっかりと属性を絞ったほうが
売れることも多々あります。

 

まとめ

セグメントはビジネス後発組にこそ有効です。

莫大なリストを持っている人は
数で押しきれるのでセグメントをしなくても
稼げるからです。

ビジネス初心者の頃から
セグメントの癖をつけておくと
あなたがたくさんのリストを手に入れた後
よりいっそう稼げるようになりますよ。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です