メルマガでの売り込みはダメ!絶対!

sales

どうも、石田健太郎です。

今回は、売り込まないメルマガついてお話します。

 

売り込みが強すぎる

メルマガをビジネスに活用する目的は
セールスに繋げることです。

どこかでセールスをしなければ
メルマガを収益に繋げることは出来ません。

だからといって、
メルマガでの売り込みが多過ぎては
ダメです。

イメージしてみて下さい。

毎回毎回、
メルマガの中で何かしらを
オファーしてくることを。

普通にウザいですよね!?

「またか。。。」

って感じで
嫌気が指してくると思います。

そして、
こういった売り込みが
多過ぎるメルマガって
かなり多いです。

特にプロダクトローンチをするために
リストを集めて
セールスが一通りが終わった後
毎回毎回無料オファーを流すことが
多いように思います。

「リストが枯れたらまた集めればいい。」

そういった思いが透けて見えます。

ですが、
本当にそんなやり方で良いのでしょうか?

僕はそんなメルマガ読者を
使い捨てにするようなやり方は嫌いです。

メルマガ読者とコミュニケーションを取って
相手にとって必要なものであれば紹介するし、
いらないものであれば売り込まない。

そんなメルマガが良いと思っています。

 

セールスレターとメルマガは別物

メルマガでの売り込みが
強くなりすぎる要因としては
コピーライティングのテクニックがあります。

コピーライティングの目的は
商品を売ることです。

そして、
ネットビジネスをする上でも
重要なスキルです。

コピーライティングを学べば
商品が売れるようになりますが、
コピーライティングをメルマガで使いすぎると
売り込みが強くなりすぎて
嫌なメルマガになってしまいます。

メルマガはセールスというより
コミュニケーションを大事にしたいメディアです。

  • 読者に話しかけるような口調にしたり
  • 読者に返信を促したり
  • 悩みや問題のアンケートをしたり

することがポイントですね。

 

まとめ

メルマガでの強い売り込みは読者が離れていきます。

メルマガでセールスをするならば
売り込みを強くしすぎずに、
コミュニケーションを重視して
読者が求めているものを
紹介しましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です