モバイルフレンドリーは必須です!

iphone

どうも、石田健太郎です。

今回は、サイトのスマートフォン対応についてお話します。

 

Googleはスマートフォン対応サイトを有利にする

Googleはスマートフォンで最適化されているサイトを
SEO的に有利に判定します。

スマートフォンが普及して
ガラケーを使っている人の方が少数派になりましたよね!?

だからこそ、
スマートフォンでいかに使いやすいサイトなのか、
スマートフォンで見やすい表示なのかが重要なのです。

サイトをスマートフォンで最適化することを
モバイルフレンドリーと言います。

Googleは2015年4月21日にモバイルフレンドリーのアルゴリズムが導入されたので
モバイルフレンドリーが出来ていないサイトはそれまでと比べると
検索順位が落ちてしまっています。

これからは、
スマートフォンで最適化されたサイトが当たり前になるので
必ずモバイルフレンドリーに対応したサイトにしなくてはいけません。

 

モバイルフレンドリーのチェック

では、
どうやってモバイルフレンドリーのチェックをするのかというと
Googleが無料のツールを用意しています。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

ちなみにチェック項目は

  • フォントサイズ
  • ビューポートの設定
  • タップ要素同士の距離
  • コンテンツサイズのビューポート対応

です。

あなたのサイトも一度チェックしてみると良いですね。

 

モバイルフレンドリーの対応

モバイルフレンドリーの対応として

レスポンシブデザインのテンプレート

AMP

があります。

それぞれについて解説します。

 

レスポンシブデザインのテンプレート

レスポンシブデザインというのは
スマートフォンで最適化されて表示されるデザインのことです。

ワードプレスであれば

  • 賢威
  • STORK

といった
レスポンシブデザインのテンプレートに対応した
テンプレートを使えばOKです。

深く考えずとも、
今はワードプレスのテンプレートは大抵レスポンシブデザインになっています。

不安であれば、
お使いのテンプレートがレスポンシブデザインに対応しているかどうか
作成者に問い合わせてみましょう。

 

AMP(Acceleration Mobile Pages)

AMPは
Acceleration Mobile Pages
の略です。

AMPはモバイルページの高速表示オープンソースプロジェクトです。

AMP対応をすることで
モバイルページの表示が早くなるので
ユーザーの離脱率が下がります。

AMPは2018年時点では、
Googleのモバイルフレンドリーのチェック事項とはなっていませんが、
今後チェック対象の項目になることは充分に予測出来るので
早めに対応しておきましょう。

ちなみに、
ワードプレスであれば、
AMPのプラグインを導入すれば
簡単に対応出来てしまいます。

https://wordpress.org/plugins/amp/

 

まとめ

モバイルフレンドリーは今後は必須です。

レスポンシブデザインのテンプレートを使い、
AMPに対応したサイトにすることで
モバイルフレンドリーの対応が出来ますので
確実にやっておきましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です