内部SEOとは?どんなサイトが良いの?

seo_pc

どうも、石田健太郎です。

今回は、内部SEOについてお話します。

 

内部SEO

内部SEOはサイトの構造を検索エンジンに最適化することです。

要は、サイトの作りを検索エンジンに分かりやすくすることです。

検索エンジンはロボットによって
自動的にサイトの中身を判別しています。

そのため、
ロボットが理解しやすい構成にすることで
SEOの対策が出来ます。

内部SEOには

  • ドメイン
  • テンプレート
  • サイトタイトル
  • 記事タイトル
  • 記事の内容
  • HTMLタグ
  • 内部リンク

等があります。

それぞれ詳しく解説します。

 

ドメイン

長く使用されているドメインほど
SEOで有利になります。

長く使用されている = 運営歴が長い

ということなので、
優良なサイトと判断されます。

 

テンプレート

ワードプレスでは、
SEO対策されているテンプレートを使用すれば
SEOで有利になります。

特にSEOで強いとされているのが、

賢威

というテンプレートです。

いいお値段をしていますが、
SEOの効果は抜群です。

 

サイトタイトル

サイトタイトルに
上位表示させたいキーワードが含まれていれば
有利になります。

例えば、
「ダイエット」というキーワードで上位表示を狙っているのなら
ダイエットというキーワードを含んだサイトタイトルにするべきです。

特化型のサイトであれば、
サイトタイトルにキーワードを入れるようにしましょう。

 

記事タイトル

記事タイトルに上位表示を狙っている
キーワードが含まれていればSEOで有利になります。

最近はちょっと変わりつつありますが、
メインキーワードはなるべく左に入れた方が良いです。

 

記事の内容

SEOで重要になるのはコンテンツの質です。

上位表示をさせたいキーワードを含むようにするのは
もちろんのこと、
タイトルとの整合性が取れた内容にしましょう。

SEOで有利になるテクニックは多々ありますが、
読み手にとってためになる情報を提供し
読みやすい記事を作成することが重要です。

画像や動画を使うのも有効ですね。

画像や動画を使うと、
文章のみよりも
サイトの滞在時間が伸びます。

そうすると、
SEOで良い評価をされます。

 

HTMLタグ

適切なHTMLタグを使っていると
SEOで有利になります。

適切なHTMLタグというのは例えば
見出しタグです。

h1、h2、h3

というタグですね。

見出しがあると、
とても見やすくなります。

読み手にとっても良いことですし、
見出しタグがきちんと使われていると
ロボットからも高評価になります。

そのため、
漠然と文章を書くよりも
見出しを付けた文章構成にした方が良いですね。

また、
目次を付けるもの有効です。

ワードプレスであれば、

Table of Contents Plus

というプラグインを使えば、
簡単に目次を作れます。

 

内部リンク

適切にリンクを設置して
サイト内を回遊させるようにすると
他のページへのアクセスも増え、
滞在時間も伸びるので
SEOで有利になります。

ただ、何でもかんでも
リンクを張ってしまうとスパム扱いされるので
必要なものを必要な分だけリンクを設置しましょう。

 

まとめ

内部SEOは専門的な知識やスキルが必要になることもあるので
ちょっと難しく感じてしまうかもしれません。

SEOで有利になるテクニックも重要ですが、
それ以上に良いコンテンツにすることが重要です。

読み手にとって良いコンテンツ、
見やすく分かりやすい記事を書けば
自然にSEOが強くなっていきます。

読み手のことを考えた記事を書いていきましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です