OATHの法則とは?

oath_formula

どうも、石田健太郎です。

今回は、OATHの法則についてお話します。

 

OATHの法則とは

OATHの法則って
あんまり聞きなれないかもしれませんが、
ターゲットを絞る上で重要なことです。

OATHの法則というのは、
顧客の問題レベルを4つの属性に分けたものです。

OATHはそれぞれの頭文字ですね。

問題レベルによって
顧客へのアプローチを変えていくことで
最適なアプローチが可能になります。

OからHに向かうにつれて
すぐに解決したい属性隣ます。

OATHのそれぞれについて
解説していきます。

 

Oblivious

OはObliviousです。

無知、問題を認識していない状態のことです。

例えば、
現状に満足している会社員は
副業の必要性を感じませんよね!?

でも、
年々、給料は下がり続けていて
老後必要になる金額を
普通に会社員をしているだけでは
手に入れられません。

だから、
今のままでは
金銭的にマズイので副業をする必要があるんだ
ということを教育しなくてはいけません。

そもそも、
副業って何をしたらいいのか
すら分かっていない人もいるので、

「アフィリエイトっていう方法があるよ」

とか

「転売をすれば初心者でも稼げるよ」

といったことを教えてあげましょう。

そうすると、
副業をしないとマズイということを理解してもらえます。

 

Apathetic

AはApatheticです。

無関心ということですね。

必要性には気付いているけど、
関心がない状態です。

先ほどの副業の例でいえば、
給料が低いから収入を増やしたいけど
面倒くさいから副業はしなくていいかな
と思っている状態なので、
興味を引いてあげることが必要になります。

 

Thinking

TはThinkingです。

必要性は理解していて
考えている状態です。

やってみたい気持ちは強いけど
何をしていいのか分からない状態です。

そのため、
副業であれば

「まずは自己アフィリエイトをやってみなよ。」

というようにアドバイスをしてあげれば良いです。

 

Hurting

HはHurtingです。

今すぐにでもやりたいという状態です。

この状態であれば、
具体的に抱えている問題を解決出来るものを
紹介すればすぐに買ってもらえます。

 

まとめ

OATHの法則はターゲットを絞る上で重要です。

あなたが狙うのは
OATHのどの状態なのかを決めることで
その属性に合ったアプローチが出来ます。

最適なアプローチををすることで
最適なセールスが出来るので
成約率を上げることが出来ますよ。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です