お客様視点は絶対に無くちゃダメ!

okyakusama_shiten

どうも、石田健太郎です。

今回は、コピーライティングのお客様視点について解説していきます。

 

お客様視点とは

コピーライティングを行う上で、
お客様視点を持つことは非常に重要です。

お客様視点とは何かということですが、
ここで言うお客様はあなたの見込み客のことです。

見込み客視点。

つまり、
見込み客の気持ちを理解するということです。

  • 見込み客は何を考えているのか?
  • 見込み客は何を欲しているのか?
  • 見込み客は何を悩んでいるのか?
  • 見込み客はどのレベルか?
  • 見込み客はどのような言葉を使うのか?

等をしっかりとリサーチすることが大切です。

見込み客のリサーチがきちんと出来ていないと
誰に対してどんなことを伝えればよいのか
が分からなくなってしまいます。

ここで、

「リサーチってどうやればいいんだろう?」

という疑問が生まれると思います。

僕はYahoo!知恵袋を使ってみることをオススメします。

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

Yahoo!知恵袋で具体的なキーワードで検索すると
悩んでいる人の生の声が分かります。

見込み客の視点で
コピーライティングを行うというのは
どういうことかというと
あなたの見込み客1人に対して
語りかけるように文章を書きます。

「一人の見込み客に語りかける」

というのは架空の人物を一人設定しますが、
こういったものをペルソナと言います。

ペルソナなあなたが想定したお客様像です。

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 行動パターン
  • 価値観

あなたのお客様は
どんな人かを
なるべく具体的にすることで
ターゲットを絞り込みます。

あなたのペルソナを設定して
そして、
そのペルソナだけに対して
語りかけるようにすることが重要です。

だから、
読み手に呼びかける時に
皆さんとかあなた達
というような言い方はNGですね。

一人だけに対して伝えるようにすることで
読み手は自分だけに伝えてくれているんだ
というように感じてくれます。

例えば、
メールマガジンであれば
使っているメルマガ配信スタンドによっては
相手の名前が挿入出来たりするので
こういったものを活用してみると
効果的ですね。

 

まとめ

お客様視点 = 見込み客視点

です。

あなたのペルソナをしっかりと設定して
ペルソナ1人に対して伝えれることを意識しましょう。

例えば、
メールマガジンは100人、1000人といった
大勢に対して発信するイメージがありますが、
5人しか登録者がいなかったら
その5人に対して手書きで送るくらいの
気持ちで書くことが大切です。

あなたもお客様視点を意識して
コピーライティングを行っていきましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です