最安値で外注を雇うマル秘ノウハウ

handshake

どうも、石田健太郎です。

今回は、最安値で外注を雇う方法についてお話します。

 

安く外注を雇うには

どうせ外注を雇うならば
安く雇いたいと思いますよね1?

いくら安くとも、
良い人を雇えなければ元も子もないですが笑

安く外注を雇うには、
やはりクラウドワークスやランサーズ等の
クラウドソーシングが有効ですね。

例えば、
記事の作成であれば
記事を作成してくれるサービス等を利用することが出来ますが、
安定したクオリティの記事を書いてくれるものの
一文字あたりの価格も高いですし
必ずしもあなたが求めているものが出てくるとは限りません。

ちなみに単価は1文字0.8円くらいが多いですね。

クラウドソーシングであれば、
自分で報酬額を設定出来て初心者の方も多く
記事作成サービスよりも単価を下げることが可能です。

外注を安く雇うには、
クラウドソーシングを利用することが大前提になります。

 

最安値で外注を雇うコツ

では、クラウドソーシングでいかに最安値で雇うかというと、
クラウドソーシングは自分で報酬額を設定出来るので
報酬額を安く出して募集すれば良いのです。

クラウドワークスは募集を出すのはタダです。

だから、
ありえないくらいの報酬額で
募集を出してもリスクはありません。

もちろん、報酬額を低くするとその分、
申し込んでくる数も少なくなりますが、
かなり安く契約することが可能です。

クラウドワークスで安く外注を雇うコツは
とにかく安い価格で募集することです。

最悪、誰も申し込んでこないのであれば
報酬額を小刻みに高くしていけば
誰かしらは申し込んでくれます。

クラウドワークスは初心者でも使いやすく
良い外注を安く雇えるので非常にオススメですよ。

 

まとめ

外注を安く雇うには
作業代行サービスを利用するのではなく
クラウドワークスやランサーズ等のクラウドソーシングを利用することです。

そして、
募集を出す時は安い金額で出してみて
外注が集まらなかったら報酬額を小刻みに上げていくことです。

クラウドワークスは初心者でも使いやすくて
優秀な人材もたくさんいるのでオススメですよ!

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です