GoogleAdSense外注化戦略

google_adsense_logo

どうも、石田健太郎です。

今回は、GoogleAdSenseを外注化するための戦略についてお話します。

 

GoogleAdSense×外注化

GoogleAdSenseと外注化の相性は抜群です。

GoogleAdSenseについてはこちらから

GoogleAdSense(グーグルアドセンス)とは?初心者でも稼ぎやすい手法です!

GoogleAdSenseはクリック報酬額の広告で
サイトへのアクセス数を増やせば、
それだけで稼ぐことが出来ます。

ワンクリックで報酬が得られるので
ファーストキャッシュ(稼いだ実践)が作りやすく
ビジネス初心者でもスタートしやすいので
実践者も多いです。

ですが、
GoogleAdSenseで
5万円、10万円といった金額を稼ごうと思ったら
避けては通れないのが、

記事の作成

です。

サイトを立ち上げて
記事を書くということをしなくては
GoogleAdSenseで稼ぐことは出来ません。

ですが、
実際にやってみるとよく分かるのですが、
記事の作成ってしんどいです。

記事のネタを見つけて
記事の内容をまとめて
記事の中に入れる画像を探して

と時間と労力ををかけて
記事を書かなくてはいけませんからね。

仕事が終わって
会社から疲れて帰ってきた後で
記事を書くのは大変です。

眠い目をこすって記事を書いていたら
気がついたら寝落ちということは多々経験しましたね。

最初は気合いでなんとかなるかもしれませんが
記事を書き続けるのはよっぽどの覚悟がないと出来ません。

だからこそ、脱落者も多いです。

そこで、
記事を書く作業を外注に依頼するんです。

自分で記事を書かなくてもよいので
作業が継続出来るんです。

外注が作った記事を確認するだけなので
1日1時間もかからず終わりますし
記事を見るだけなら疲れてても出来ます。

GoogleAdSenseをやったけど
続かなかったというあなたには外注化がオススメですよ。

 

GoogleAdSense外注化戦略

GoogleAdSenseには大きく分けて

  • ショートレンジ
  • ロングレンジ

の2つの戦略があります。

ショートレンジは短期的にしか検索されないけど、
爆発的にアクセスが集まるキーワードです。

そして、
ロングレンジは長期的に検索されるけど、
爆発的にアクセスが集まるわけではないキーワードです。

どちらも一長一短あります。

ショートレンジとロングレンジの間のキーワードをミドルレンジとも言いますね。

GoogleAdSenseを外注化するならば、
ショートレンジとロングレンジのどちらを選べば良いのでしょう?

僕はロングレンジをオススメします。

なぜならば、
ショートレンジはスピード感が重要です。

大当たりするキーワードを早く書いた人が勝ちます。

スピード勝負であれば、
自分で書くのが一番です。

外注に記事を作成してもらうと
どうしてもやり取りが発生するので
スピード感が落ちてしまいますからね。

また、
ロングレンジであれば、
記事を書けば書くほど資産が増えていきます。

外注化すれば
あなたの資産作りを他人が手伝ってくれているようなものですね。

コツコツ記事を増やして
ジワジワと資産を作っていけば
気がついた時には安定して稼げるようになっていますよ。

 

まとめ

GoogleAdSenseと外注化の相性は抜群です。

GoogleAdSenseを外注化してやるのならば
ロングレンジキーワードで資産になるサイトを作成することをオススメします。

外注化して他人にあなたの資産を作ってもらいましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です