外注化の予算はどれくらい?目安はこちら!

wallet

どうも、石田健太郎です。

今回は、外注を始める時の予算についてお話します。

 

いくらあれば外注が始められるのか

いざ、外注化をやってみようと思った時に
気になるのが外注費ですよね1?

一応、相場はこんな感じです。

相場はどれくらい?知らないと損する外注費の基準

1万円あれば、20記事程度は書いてもらうことが出来ます。

これを高いと思うか、安いと思うかはあなた次第です。

というのも、
記事作成という作業はあなたがすればタダです。

だから、
タダのものにお金を払うなんでヤダ
と考える人もいます。

ですが、
1記事書き終わるのに早くても1時間程度、
慣れるまでは2時間以上はかかります。

あなたがもし、
時給換算して1000円以上稼げるのであれば
1時間300円の作業であれば
他人に任せてしまって、
自分はもっと高単価、高時給の作業をした方が
効率的ですね。

そういう風に考えた時に、
自分の価値が高くなって
自分の時間が取れなくなってきた時に
非常に外注化は有効な方法だと感じられますね。

 

外注費の予算の目安

外注費の単価や作業量の目安がわかってきたら
あとは、どれだけ外注費の予算を取れるかです。

外注費の予算の目安は、
今あなたがどれだけ稼げているからによって
決まってきます。

まだ、月に5万円も稼げていないのであれば
まずは外注よりも実績作りに全力を注ぎましょう。

1万円あれば、外注に作業を依頼することも出来ますが
まだ実力が伴っていない可能性が高いので
まずは稼いだ実績を作りましょう。

月に5万〜10万円程度稼げているのであれば
ちょっと贅沢したり、欲しい物を買ったりしたい欲求を
グッとこらえて
可能な限り外注費に充てると
稼ぐスピードが上がります。

そのため、
利益の9割を外注費に充てましょう。

そして、
月に10万円以上安定して稼げているのであれば
もちろん、ガッツリ外注費に充ててもよいのですが、
他の収入の軸を作るということも検討する段階に来ています。

そのため、
外注費は5〜10万円程度にして
それ以外の利益は別のビジネスに充てるというような感じですね。

外注費の予算は人それぞれなので
あくまでも目安として考えて下さい。

 

まとめ

外注費の予算は実績によっても違ってきますし
人それぞれです。

ですが、
基本的に正しいやり方で外注に作業を依頼して
稼ぎに直結するのであれば
外注費をかければかけるほど
稼げるスピードが上がります。

欲しい物を我慢して外注費に充てるのは苦しいとは思いますが、
外注費に充てた分がすぐに取り返せるくらいに
稼げるようなれますよ!

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です