PDCAサイクルを回して最速で成功へ!

pdca1

どうも、石田健太郎です。

今回は、PDCAサイクルについてお話ししていきます。

 

PDCAサイクルとは

あなたはPDCAサイクルってご存知ですか?

僕は会社の新人研修の時に
PDCAサイクルのことを知りました。

PDCAサイクルを活用すれば、
徐々に業務が改善されていくので
素晴らしいものだ
というのが僕が率直に感じたことです。

そして、
PDCAサイクルはビジネスにおいて
非常に重要なことです。

PDCAサイクルを活用することで
最初はなかなか結果にならなくとも
確実に目標に向かって前進していきます。

なので、
PDCAサイクルについてしっかりと理解して
そして、
実践していきましょう。

PDCAサイクルというのは、

PLAN(計画) → DO(実行) → CHECK(評価) → ACTION(改善)

の順に進めていき
業務の品質を高めていく手法です。

PDCAサイクルを回せば回すほど
品質は上がり
そして、目標の達成につながります。

PDCAサイクルを早く回せば
その分、目標の達成も早まるので
ガンガンPDCAサイクルを回していきましょう。

 

PDCAを詳しく

PDCAサイクルを図にするとこんな感じです。

pdca2


まずは計画を立てて、
そして、その計画に従って実行してみる。

そうすると、
計画通りにいくこともあれば
計画通りにいかないこともあります。

上手くいったこともあれば
上手くいかなかったこともあります。

つまり、
改善点が見つかるということです。

評価を行い、
上手くいったことは更に良く、
上手くいかなかったことは改善します。

そうすることで、
次はもっと上手く出来るようになります。

評価を行ったら
再度、計画を立てて実践していきます。

これがPDCAサイクルの一連の流れです。

次は、それぞれのステップを詳しく解説していきます。

 

PLAN

PDCAサイクルの最初のステップです。

PLAN = 計画です。

目標を決めて、目標を達成するまでの計画を策定します。

5W1Hをベースに

  • 何をするのか
  • 誰に対してするのか
  • なぜするのか
  • どのくらいの量をするのか
  • いつまでにするのか

といったことを決めていきます。

 

DO

PDCAサイクルの2つ目のステップです。

DO = 実行です。

計画に沿って実行していきます。

計画を意識して実行する必要があるため、
実際にかかった時間や
実施したことや
実施出来た量などを
数値化をして管理すると
次のステップがスムーズに行えます。

 

CHECK

PDCAサイクルの3つ目のステップです。

CHECK = 評価です。

実行したことが
計画に沿って出来ていたかを評価します。

この時、
DOでしっかりと数値化しておけば
定量的な評価が行えます。

 

ACTION

ACTION(ACT) = 改善です。

計画 → 実行 → 評価

によってあぶり出された改善点を修正します。

そして、
また次のサイクルの計画を開始します。

PDCAサイクルを何回も回すことで
徐々に品質は上がります。

繰り返し繰り返しPDCAサイクルを回し続け、
品質を高めることをスパイラルアップといいます。

PDCAサイクルを一回回しただけでは直らないことも
複数回すことで直ることもあります。

PDCAサイクルは一回回したら終了ではないことを
しっかりと認識しておきましょう。

 

まとめ

たとえ今全く結果を出すことが出来ていなくとも
PDCAサイクルを回すことで
徐々に問題点がブラッシュアップされて
改善されていくことで
徐々に結果に繋がっていきます。

そして、
あなたが壁にぶつかった時に
強い味方になってくれます。

諦めずにPDCAサイクルを回せば
きっと壁を乗り越えるヒントが見つかります。

あなたもPDCAサイクルを活用して
あなたのビジネスを右肩上がりにしていきましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です