追伸の使い方とは?攻略法を紹介します!

postscript

どうも、石田健太郎です。

今回は、コピーライティングの追伸について解説していきます。

 

追伸とは

追伸というのは、
文章の最後に来る部分のことです。

“PS”なんて書かれたりもします。

追伸の書き方を工夫すると
あなたは今以上に読者から
反応を得ることが出来るようになります。

追伸には、

  • 読まれやすい
  • 仕掛けが作れる
  • NOT ACTの壁を越えられる

の4つの特徴があります。

これらの特徴を上手く活用することで
あなたの文章はより効果的なものになります。

 

読まれやすい

追伸は非常に読まれやすいです。

インターネット上のコンテンツは基本的に
上から下にスクロールして見ます。

特にランディングページのような
縦に長いコンテンツでは
最初から最後まできちんと読むというよりも
大事ところだけピックアップして読む方が多いでしょう。

商品セールスのためのランディングページでは、
価格の後に追伸があることが多いです。

やはり、
価格の後というのは読まれやすいものです。

ほとんどの人は本文より価格の部分のほうが気になるので、
価格まで辿り着いて、
その近辺にあるものは自然に読まれやすくなります。

なので、
追伸と言う部分が非常に重要になってきます。

 

仕掛けが作れる

追伸というのは、
本文から独立したものになっています。

そのため、
色んな仕掛けをすることが出来ます。

例えば、
本文をきちんと読んで欲しいのであれば
もう一度ちゃんと読むように
仕向けたりすることが出来ます。

追伸は工夫次第で様々な使い方が出来ます。

追伸を上手に活用すれば
その分、商品が売れる様になったりもするので
追伸の使い方はしっかりと考えましょう。

 

Not ACTの壁を越えられる

Not ACTというのは
読み手が抱えている心理障壁のことです。

詳しくは4つのNotで説明しているので
そちらを参照して下さい。

4つのNotとは?

Not ACTを超えるということは
つまり、

「行動を促す」

ということです。

まずは、
本文の中で行動を促して
そして、
追伸で更に行動を促す。

そうすることで読み手は
行動を起こしやすくなります。

読み手はなかなか行動してくれません。

あなたがどれだけちゃんと言っているつもりでも、
読み手にはその重要性が
きちんと伝わっていない場合が多々あります。

あなたが本当に伝えたいことは
しつこいくらいに何度も何度も繰り返すべきです。

そして、
追伸を活用して
再度、繰り返し行動を促すことで
読者が行動を起こしやすくなります。

 

追伸の注意点

追伸は

  • 重要なこと
  • 最後に言いたいこと
  • まとめ
  • 本文の要約
  • 行動の促進

等様々な使い方が出来ますが、
詰め込みすぎは禁物です。

あれもこれもと詰め込んでしまったら
それは追伸ではなく
本文になってしまいます。

追伸で書けるのは
多くても3つまででしょう。

追伸を欲張らず、
シンプルにすることで
読み手が理解しやすい
読み手に伝わる文章になります。

 

まとめ

追伸は読み手の反応を取るために非常に有効です。

追伸の書き方を工夫するだけで
読者の反応がかなり変わってきますので
色々試して効果的な使い方を見つけていきましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です