PPCアフィリエイトとは?地道な解析が成功の鍵

ppc

どうも、石田健太郎です。

今回はPPCアフィリエイトについて解説していきます。

 

PPCアフィリエイトとは

 

PPC

PPCは

Pay Per Click

の略です。

GoogleやYahoo!等の検索エンジンで
検索キーワードに連動して検索結果に表示される
広告がありますよね!?

その広告をPPC広告と呼びます。

有名なものだと
GoogleのAdWordsや
Yahoo!のスポンサードサーチ
です。

PPC広告は法人に限らず
個人でも出稿することが出来ます。

PPC広告は1回クリックされる毎に何円
という形式で料金が発生します。

そのため、
費用帯効果の高い広告となっています。

 

PPCアフィリエイト

PPCアフィリエイトというのは、
PPC広告を使って
アフィリエイトをすることです。

PPC広告を打って、
ランディングページ(LP)や
あなたの媒体にアクセスを集めて
アフィリエイトを成約させる方法です。

 

PPCアフィリエイトのメリット・デメリット

PPCアフィリエイトのメリットとデメリットについて解説します。

 

メリット

 

集客が簡単

PPCアフィリエイトは
広告を使って集客をします。

お金を使って広告を打てば
簡単に集客することができます。

しかも、
PPC広告は表示されている期間等で
料金が決まりません。

クリック数に応じて料金が決まるので
費用対効果が高いです。

サイトアフィリエイトのように
検索エンジンで上位表示させるために
SEO対策をする必要もありません。

そのため、
広告が上手くはまれば1日2日程度で
成果が出ることもあります。

 

収入を一気に増やせる

広告を打ってアフィリエイトを行うため、
一気にアクセスを集めることが出来るので
比較的簡単に収入を増やすことができます。

前提として
広告の打ち方やLP、媒体がしっかりと完成していて、
反応率等を解析して、黒字になることが条件です。

繰り返しになりますが、
広告を打つには費用がかかります。

安易に広告を打っても赤字になることがあるので
充分に注意してください。

 

不労所得化出来る

PPCアフィリエイトは
売れる商品を見つけることが出来れば、
広告費を投入するだけで
ほぼ不労所得化出来ます。

サイトアフィリエイト等も不労所得化出来ますが、
ある程度大きな媒体を作る必要があるため
そこまでいくのは正直なかなか大変です。

しかし、
PPCアフィリエイトであれば
成果が出る広告が打てれば、
最短で1日目からほぼ不労所得になります。

 

デメリット

 

広告費がかかる

PPC広告を打つには当然、
費用がかかります。

そのため、
ある程度の費用(投資)が必要になります。

闇雲に広告を打てば当たる
というものでもありません。

最初はなかなか当たる広告を打てず
赤字になることの方が多いです。

だから、
絶対に損したくないという人には
向いていません。

 

解析が大変

アフィリエイトする商品やキーワードの選定、
広告の反応率等の解析等
をきちんと行って、
黒字になるように運営しないと
利益は出せません。

広告の反応率を見ながら改善して
徐々に最適なものにしていく必要があります。

たまたま出した広告が当たることもありますが、
基本的には地味な解析が常に必要になる
と考えた方が良いでしょう。

 

媒体が必要

PPC広告を打って
アクセスを流す先の媒体が必要です。

LP等の媒体が出来ていないのに、
広告を打って意味がありません。

まずは、LP等の媒体を
しっかりと作り込む必要があります。

また、
媒体の反応率を確認する必要もあります。

面倒くさがって適当にやると大抵失敗します。

 

まとめ

PPCアフィリエイトは
データの解析が重要になるので
少し初心者には難しいかもしれませんが
反応を見ながら、検証、改善等が
出来る方にはオススメの手法です。

広告費が嵩んで
赤字になってしまうリスクもありますが、
お金を投資して
お金を爆発的に増やすことも可能です。

仕組みが既に出来ている方ならば、
しっかりと稼ぐことの出来るので、
是非、挑戦してみて下さい。

また、
GoogleAdWordsの認定資格や、
Yahoo!リスティング広告の認定試験等もあるので
これらの資格を取得すれば、
PPC広告の代理店や指導者となる場合の看板になります。

プレイヤーとして以外にも、
代理店、指導者、コンサルタントという道もありますので
これらの資格取得を目指しても良いかもしれませんね。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です