プロとアマの違いは○○です!一流を目指せ!

syacho

どうも、石田健太郎です。

今回は、プロとアマチュアの違いをお話します。

 

プロとアマチュアの違いとは

ビジネスをする上でプロ意識を持つことは必要です。

でも、
そもそもプロとアマチュアの違いって
何なのでしょうか?

プロフェッショナルとアマチュアは
Wikipediaでは以下のように定義されています。

 

プロフェッショナル

プロフェッショナル、
略して「プロ」は、
本来の意味は「職業上の」で、
その分野で生計を立てていることを言い、
「公言する、標榜する」が語源である。
対義語はアマチュア。

類義語にエキスパート、スペシャリストがある。

By Wikipedia

 

アマチュア

略してアマ、また和語では素人(しろうと)ともいう。

対になる言葉としてプロ、玄人(くろうと)がある。

一般的には、以下に該当する人物を「アマチュア」という。

プロや専門家に匹敵する知識や技術を持っているが、
職業として行うための資格を持っていないか、
持っていてもそれを職業としていない人物。

知識や技術を持っており、
場合によっては職業として行うための資格を持っているが、
その技量がプロには及ばない人物。

1に該当する人物のことをセミプロと呼ぶことがある。

また、1に該当するが、
あえてそれを職業とせずに
趣味の範囲に留めることを自負することがあり、
これをアマチュアリズムと呼ぶ。

アマチュアと似て非なるものとして
奉仕やボランティアがあるが、
これらは趣味ではなく業務として
無償の活動を行っており、
本来得られるべき報酬をあえて拒否することを
自負するものであるため、
プロに含められる。

かつてより有志による無償の労力の提供によって
文化が発展している分野もあり、
大きな役割を果たしていることもある。

特に無線(アマチュア無線)や、
パーソナルコンピュータ(フリーウェア)や
インターネットの分野で顕著である。

これらの分野では、
プロよりもアマチュアの存在が重視され、
場合によってはアマチュアに対して
最大限の敬意が払われている。

また、これらのアマチュアは
ファン(愛好家)と重なる部分も多い。

By Wikipedia

プロとアマチュアの最大の違いは

収入を得ているかどうか

です。

その道でお客様からお金を頂いて
価値を提供するのがプロです。

仕事としているのならば、
当然、プロですし、
たとえ副業であれ収入を得たら
もはやプロなのです。

つまり、
あなたもビジネスをスタートしたら、
その時点でプロです。

例え実績や実力が無くともプロなんです。

なぜなら、
これからあなたにもお客様が出来ます。

そして、
お客様からお金を頂きます。

それなのにアマチュア思考のまま
お客様に接したら失礼ですよね!?

だから、
もうあなたは
アマチュアのままではいられないんです。

アマチュアの思考を捨てて、
プロの思考にならざるをえないのです。

ネットビジネスで
1円も稼ぐつもりが無いのなら
アマチュアのままでいいです。

ですが、
あなたはガッツリ稼ぎたいはずです。

だったら、
たとえ今は実力が伴わなくても
プロとしての行動をしなくてはいけません。

いきなり

「今日からプロだ。」

というのは怖いと思います。

でも、
それは誰もが通る道です。

ですが、
徐々に慣れてくることなので
まずはしっかりとプロ意識を持つことが重要です。

 

一流になる

プロとして振る舞っていると
行動に責任を持つようになります。

そうなったら、
行動一つ一つを全力で行い
お客様に対して
最大の価値を提供するようになります。

すると、
徐々に実力も上がっていきます。

コツコツ努力し経験を積み重ねることで
あなたは一流に近づいていきます。

あなたが一流になれば
多くの人に素晴らしい価値を
与えることが出来ますし、
それに伴ってあなたの報酬も上がっていきます。

お金を頂く以上は、
アマチュア思考を捨てて
プロとして振る舞い、
お客様に対して
しっかりと価値を与える必要があります。

それが、
プロとして当たり前のことです。

日々努力を積み重ね、
一流を目指しましょう。

お客様からのあなたへの期待は大きくなり、
責任も重くなりますが、
その分、お客様に与えられる価値も大きくなり、
あなたの収入も大きくなります。

 

まとめ

プロとアマチュアの最大の違いは
収入を得ているかどうかです。

お客様からお金を頂く以上は、
それに見合う以上の価値を
提供しなくてはいけません。

大した価値を提供出来なければ
それなりの収入にしかなりませんが、
提供出来る価値が大きくなればなるほど
あなたの収入も増えます。

一流と言われる人は
圧倒的な価値を提供することが出来るからこそ
お客様からも感謝されて、
大きな収入を得ることが出来ます。

あなたもガッツリ稼ぎたいと思っているのならば、
まずは実力をつけることです。

そして、
お客様に与えられる価値を大きくしていくことです。

当然、すぐに大きな価値を与えることは難しいので、
時間をかけて実力をつけていく必要があります。

一流を目指して日々努力をし続けていれば
いつかは報われる時が来ます。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です