プロパガンダとは?※悪用厳禁です!

propaganda

どうも、石田健太郎です。

今回は、プロパガンダについて解説していきます。

 

プロパガンダとは

プロパガンダはあまり聞きなれない言葉だと思います。

プロパガンダをWikipediaで調べてみると、

特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った、
宣伝行為である。

通常情報戦、心理戦もしくは宣伝戦、世論戦と和訳され、
しばしば大きな政治的意味を持つ。

となっています。

プロパガンダを噛み砕いていうと、
宣伝行為です。

単なる宣伝と違うのは、
人を誘導する意図を含んでいる
ということです。

一般的な商用の宣伝であれば、
その目的は商品を買ってもらうことです。

例えば、
スーパーのチラシであれば
特売をやってることをお客様に伝えて
お店に来てもらって
商品を買ってもらうように仕向けています。

  • 買う
  • 買わない

はお客様の自由です。

プロパガンダの場合はどうかというと、
特定の価値観や思想等予め決められた方向に
仕向けることを目的にしています。

そのため、
プロパガンダは大衆操作に使用されます。

政治や宗教等の場でよく使用されていますね。

プロパガンダはある種の
洗脳のようなものです。

あの手この手の様々な方法で
宣伝、誘導を行っていくものです。

「特定の方向へ誘導すること」

がプロパガンダの目的ですが、
そこに至るプロセスの中で

「分かっていても逃れられない」

心理的な要素と強制的な誘導手法を駆使します。

頭で考えさせずに、
感情に訴えかけることによって
強い誘導力を発生させます。

そのため、
非常に協力なものです。

 

プロパガンダの種類

プロパガンダには幾つかの種類があります。

以下の4つに分類されます。

 

ホワイトプロパガンダ

真実や事実に基づく情報を基にしたプロパガンダのこと。

 

ブラックプロパガンダ

虚威や嘘の情報を出典をはっきりさせない形で拡散させること。

 

グレープロパガンダ

情報の不都合な部分を隠し、都合の良い部分だけを拡散させること。

 

カウンタープロパガンダ

共通の敵を作り出し、それに対して一致団結させていくこと。(報復攻撃)

 

代表的なプロパガンダ手法

プロパガンダには様々な手法があります。

代表的なものは以下の6つです。

  • 返報性
  • 一貫性
  • 社会的証明
  • 好意
  • 権威
  • 希少性

それぞれについて個別に解説します。

 

まとめ

プロパガンダは元々、
政治的や宗教で利用されていた誘導宣伝手法ですが、
現在の商品マーケティング宣伝、商品のセールス等に
応用して活用されています。

プロパガンダの使い方や目的、
そして誘導後の反動にも
充分に注意した上で利用していきましょう。

プロパガンダは、

  • ビジネスにも
  • 人間関係にも
  • 恋愛にも

応用して使えますので、
身につけておいて損はありません。

プロパガンダは人間の本能的な部分に働きかけます。

そのため、
非常に協力なので悪用は厳禁ですよ。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です