金持ち父さんに学ぶキャッシュフロークワドラント

kanemochitosan_binboutosan

どうも、石田健太郎です。

今回は、キャッシュフロークワドラントについてお話ししていきます。

 

金持ち父さん貧乏父さん

ロバート・キヨサキ氏の著書、
金持ち父さん 貧乏父さんは
ビジネスをする上での必読書です。

ロバート・キヨサキ氏には
全く正反対のことを言う2人の父親がいました。

それが金持ち父さんと貧乏父さんです。

ロバート・キヨサキ氏は
金持ち父さんの教えを守り、
お金持ちになりました。

金持ちと貧乏の最大の差は
そもそもの収入というよりも
お金に対する考え方です。

もしも、
今あなたがお金に困っていたとしても
金持ちの考え方を身につけて
それに見合った行動をすれば
お金に困らなくなっていきます。

逆に今、
お金を稼げていたとしても
貧乏人の考え方をしていたら
間違いなくこの先お金に困ることになります。

ちなみに、
金持ち父さん貧乏父さんは
ネットワークビジネスの勧誘によく使われます。

僕も、某大手ネットワークビジネスの勧誘を受けた時に
紹介されたことがきっかけで読みました。

当時の僕は無知でした。

だから、
僕は特に偏見もなく受け入れて読みましたが、
ネットワークビジネスで過度な勧誘をされてしまった方は
この本に対して嫌なイメージを持っているかもしれません。

ですが、
この本自体はとてもためになるものなので
何度も読み返して金持ち父さんの脳みそを
あなたにもインストールしましょう。

 

キャッシュフロークワドラントとは

キャッシュフロークワドラントを訳すと

キャッシュフローは「お金の流れ」

クワドラントは「4等分」

です。

 

esbi


E・S・B・Iに区切られた
4分割の図から成り立ちます。

E・S・B・Iは

E・・・Employee(従業員)

S・・・Self Employee(自営業者)

B・・・Business Owner(ビジネスオーナー)

I・・・Investor(投資家)

です。

それぞれ詳しく解説します。

 

employee(E)

employeeは従業員です。

従業員はとにかく
安定や保証を好みます。

派遣社員よりも正社員が良いと考えてますし、
中小企業より大企業が良いと考えます。

安定した仕事を重視し、
会社をクビにならないように一生懸命働きます。

お金に対する執着はあまりないものの
お金のために働き続けることを強いられるので
結果として時間を失います。

仕事を重要視するあまり
恋人を失ったり
家庭が崩壊してしまう
なんてこともあります。

 

self employee(S)

self employeeは自営業です。

能力的に優れた人が
自営業になる傾向があります。

というのも、
なまじ能力が優れているために
何でも一人で出来てしまうからです。

何でも一人でやっていると
利益が丸々自分のものになり
大きく稼ぐことが出来ますが、
売上が大きくなるほど忙しくなります。

すると、
稼げる反面、
時間を失うことになります。

また、
ケガや病気などになってしまい
働けなくなると収入も途絶えてしまいます。

自営業は
優秀すぎるあまり
人に使われたり
人を使ったりすることが
苦手な人が多いです。

そのため、
良くも悪くも
自分の頑張りがそのまま収入に反映されます。

 

business owner(B)

business ownerは
そのままビジネスオーナーです。

いわゆるオーナーさんですね。

ビジネスオーナーは
自営業とは真逆で自分がガッツリ働くというよりも
上手に仕組みを作ったり、
人に任せたりする事で収益を上げます。

ビジネスオーナーがする事は
仕組みを作ること。

そして、
他人を教育する事です。

ビジネスが軌道に乗ってしまえば、
自分がいなくとも稼ぎ続けることが可能になります。

そのため、
安定して稼げるようになれば

  • 経済的にも
  • 時間的にも

自由になることが出来ます。

 

investor(I)

investorは投資家です。

投資家はお金の運用をすることでお金を稼ぎます。

ビジネスオーナーと同じく
自分がガッツリ働くというより
お金に働いてもらうという感じですね。

金持ち父さん貧乏父さんの中では
不動産投資が紹介されていますが、
不動産は資産です。

資産というのは、
自分のポケットにお金が振り込まれる事です。

負債というのは、
支出を生み出すものです。

投資家は
資産を増やして富を築きます。

 

労働収入と権利収入

キャッシュフロークワドラントについて解説をしましたが、
キャッシュフロークワドラントの右側と左側側には
大きな違いがあります。

キャッシュフロークワドラントの左側は
あなたが働くことで収入を得ることが出来ます。

そして、
キャッシュフロークワドラントの右側は
あなたではなく、従業員やお金等、
あなた以外のものが働くことで
収入を得ることが出来ます。

キャッシュフロークワドラントの右側の
employee(従業員)とself employee(自営業)は
労働収入です。

キャッシュフロークワドラントの左側の
business owner(ビジネスオーナー)とinvestor(投資家)は
権利収入です。

収入の質が全くの別物です。

収入の種類についてはこちらを参考にして下さい。

4つの収入とは

僕は元々、システムエンジニアとして働いていました。

キャッシュフロークワドラントの
employee(従業員)でした。

お金を稼ぐためには僕が働くしかありません。

そして、
僕は必死に働きました。

毎日毎日、文字通り朝から晩まで働くことで
生活するためのお最低限のお金は稼げましたが、
様々な時間を犠牲にしました。

  • 遊ぶ時間
  • 家族や友人との時間
  • 大切な人との時間

取り返しのつかない大切な時間を犠牲にしました。

そして、
過度な労働のせいで健康も失いました。

そして、
僕は気付きました。

労働収入だけでは限界があるということに。

労働収入は文字通り、
労働することで収入を得ます。

労働は労力と時間を必要とします。

そのため、
経済的な自由を手に入れることは
出来るかもしれませんが、
絶対に時間的な自由は手に入れられません。

僕は、

  • 経済的な自由も
  • 時間的な自由も

欲しいです。

だから、
労働収入だけではなく
権利収入を手に入れる必要があったのです。

つまり、

  • business owner(ビジネスオーナー)
  • investor(投資家)

を目指さなくてはいけません。

労働で価値を与えるのではなく
仕組みや資産が価値を生み出すように
しなくてはいけないのです。

権利収入を作ることは
決して簡単なことではありません。

ですが、
僕が理想を実現するためには必要なことです。

金持ち父さんは

「将来何をするか?」

じゃなくて、

「将来どうなりたいか?」

に重きを置いて、
理想を実現するための行動をするよう
勧めています。

あなたにも

「将来こうなりたい!」

という理想があると思います。

もしも、
あなたも僕と同じように

  • 経済的な自由も
  • 時間的な自由も

手に入れたいと思っているのであれば
権利収入を得るために

  • business owner(ビジネスオーナー)
  • investor(投資家)

を目指しましょう。

 

まとめ

ロバート・キヨサキ氏の著書、
金持ち父さん貧乏父さんはビジネスするなら一度は読んでおいきたいです。

特別なノウハウは記されていませんが、
ビジネスのベースになる考え方は身につきます。

そして、
キャッシュフロークワドラントは非常に重要です。

あなたがずっと働き続けたいと考えているのであれば
ずっとemployeeやself employeeで良いと思いますが、
金銭的、時間的自由を手にしたいのであれば
business ownerやinvestorを目指すべきです。

もちろん、
僕は安定して大きく稼げる
business ownerやinvestorになりたいと思って
日々努力しています。

自由を勝ち取ることは険しい道ですが、
それ故に勝ち取った時、
心から人生を楽しめます。

自由になる日を夢見て邁進していきましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です