量質転化の法則とは?量をこなして質を上げろ!

graph

どうも、石田健太郎です。

今回は、量質転化の法則ついてお話しします。

 

量質転化の法則

量質転化の法則というは、
弁証法の法則の一種で

量的な変化が質的な変化をもたらし、
また質的な変化が量的な変化をもたらす。

(三浦つとむ著「弁証法はどういう科学か」より)

ということです。

これでは分かりにくいですよね!?

簡単に言うと、

量をこなせば質が上がり、
質が上がれば量をこなせるようになる

ということです。

筋トレを考えて頂くと分かりやすいです。

例えば、
腕立て伏せをするとします。

最初は筋肉がついていないので
10回こなすだけでも大変です。

でも、
腕立て伏せ(量)をこなしていれば
徐々に筋肉(質)がついてきます。

そうすると
徐々に腕立て伏せが出来る回数(量)が

10回から20回

20回から30回

30回から40回

40回から50回

というように徐々に増えてきます。

腕立て伏せの回数(量)が増えれば
当然その分、筋肉(質)もついてきます。

このような

量 → 質

質 → 量

の転化を量質転化の法則と言います。

 

凡人が成功するには

努力 × センス = 成功

です。

なので、
センスがないからといって
成功出来ないという訳ではありません。

センスがあれば
少しの努力で成功することが出来ますが、
凡人が成功するには
他を圧倒する量の努力が必要です。

ちなみに僕はセンスなんてほとんどないので
努力するしかありませんでした。

  • 才能のある奴
  • センスがある奴

が羨ましいですが
無いものをねだっても無意味です。

自分が持っているもので
勝負するしかありません。

凡人には凡人なりの成功の仕方があるのです。

とにかく量をこなして質に転化する。

これが凡人の成功の方法です。

 

初心者こそ量をこなす

量質転化の法則は
初心者ほど取り入れて頂きたいです。

ネットビジネスに限らずあらゆる分野において
初心者がいきなり全てを
そつなくこなすことは出来ません。

だから、
とにかく量をこなして
質を高めていくしかありません。

例えば、ブログです。

初心者の時に書いた記事は
後から見直すと恥ずかしくなるほど
お粗末なものだったりします。

ですが、
とにかく書き続けていれば
徐々に上達していきます。

しょぼいものを作りたくないからといって
ある程度ライティングスキルを身に付けてから
ブログを作成するのではなく
とにかく書いて書いて書きまくって
量を質に転化させていった方が
早く力が付きます。

つまり、

「習うより慣れろ」

ということですね。

ネットビジネスにおいては
やり方は間違っていなくても
実践の量が足りていなくて
成果が出ていない方も大勢います。

これは特に初心者に多いですね。

なので、
量をこなして質を高めるということは
初心者が成果を出すことにも繋がっていきます。

 

まとめ

成功者は圧倒的な努力をしているからこそ
圧倒的な結果を出しています。

量質転化の法則によって
量をこなして質に変え
質が上がることで
更に量を増やしているからです。

才能やセンスがない僕のような凡人でも
量を増やすことで結果を出すことが出来ます。

正直、僕は何でもサラッと出来てしまう
天才が羨ましいです。

僕が10の努力をしなくてはいけないことを
天才は1の努力で出来てしまうのですから。

ですが、
凡人だからと言って
天才に敵わない訳ではありません。

天才の何倍もの努力をすれば
たとえ少しずつでも実力がついてきて、
結果に繋がります。

自分に才能やセンスが無いことを嘆いても
前には進みません。

ひたすら量をこなして質に変えて
結果に繋げるようにしていきましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です