検索エンジンの使い方【応用編】

search_engine_hand

どうも、石田健太郎です。

今回は、検索エンジンの応用的な使い方をお話ししていきます。

ちなみに、
検索エンジンの基本的な使い方は
こちらのページで解説しています。

https://ishidakentaro.com/search-engine-kiso/

 

検索エンジンの応用的な使い方

ちょっとマニアックかもしれませんが、
応用的な検索エンジンの使い方をご紹介します。

 

サイト内検索

特定のサイト内でキーワードを検索する時、
site:サイトのURL キーワード
で検索出来ます。

例えば、
僕のサイト(https://ishidakentaro.com/)の中から
アフィリエイトというキーワードが含まれているページを
検索する場合は、
こんな感じに検索します。

site:ishidakentaro.com/

そうすると、
アフィリエイトというキーワードが含まれている
ページが検索出来ます。

 

関連サイト検索

特定のサイトに関連したサイトを
芋づる式に見つけたい時に
関連サイト検索が有効です。

関連サイト検索は
related:サイトのURL
で検索出来ます。

例えば、
エヴァンゲリオンの公式サイト(http://www.evangelion.co.jp/)
の関連サイトはこのように検索します。

related:www.evangelion.co.jp/

エヴァ関連のサイトやアニメの公式が検索されますね。

 

キャッシュ検索

キャッシュというのは、
GoogleやYahoo!のような検索エンジンが保存している
データのことです。

キャッシュが残っていると、
たとえブログやサイトから削除されていても
検索エンジン上には情報が残っているので
閲覧することが出来ます。

キャッシュ検索はこんな感じにします。

cache:URL

例えば、
僕のサイト(https://ishidakentaro.com/)から記事を削除したとしても
キャッシュとして残っているのであれば、

cache:ishidakentaro.com/

で検索出来ます。

もちろん、
キャッシュが削除されていては
閲覧は出来ませんが、
いざという時に役に立つ検索方法です。

 

拡張子検索

拡張子はファイルの種類を特定のするための
記号のようなものです。

拡張子検索はファイルの種類を指定して検索が出来ます。

filetype:拡張子(例えば、画像であればjpgやpng等)

拡張子検索はけっこう便利なので、
是非活用して下さい。

 

被リンク検索

特定のサイトの被リンクを検索することが出来ます。

link:URL

このような形式で検索すると、
被リンクが検索されます。

 

まとめ

検索エンジンの応用的な使い方は
あまり使う場面は多くないかもしれませんが、
いざという時に役に立ちます。

そのため、
覚えておいて絶対に損はありません。

検索エンジンで情報を検索するスキルは
これからの時代、必須なので
他の人よりも上手く使えれば
アドバンテージになりますよ。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です