意外と簡単!セミナー動画の作り方

seminar

どうも、石田健太郎です。

今回は、簡単にセミナー動画を作る方法をお話します。

 

セミナー動画の作り方

「セミナー動画を作るのってなんか難しそう。」

って思いますよね!?

でも、案外簡単に作れてしまうんです。

あなたがすることは

  • 資料を作る
  • 動画を撮る
  • YouTubeにアップロードする

の3つだけ。

やってみたら
あなたが思っている以上に簡単に出来てしまいます。

 

資料を作る

Keynote等のプレゼンテーション用のソフトを利用して
資料を作ります。

場合によっては、
PagesやNumbers等を使ってもOKです。

あなたが喋りやすいように資料を作ります。

特にKeynoteを使う場合に気をつけることは
資料に書くことは重要なキーワードだけにすることです。

資料に長々と文章を書いてしまうと
ただ読み上げるだけになってしまいます。

そのため、
資料にはキーワードだけ記載して
あなたが喋って補足するような形にした方がスマートですね。

もし、文章の資料を使いたい場合は、
別に用意してるYouTubeの動画説明欄に
ダウンロード用のリンクを用意すればOKです。

 

動画を撮る

おそらく、動画を撮るというところが
一番ハードルが高いと思います。

ですが、
あまり難しく考えなくても大丈夫です。

特別な機材がなくても動画が作れます。

Macに標準でインストールされている
QuickTimePlayerを使えば
あなたのPCに表示されている場面と音声を録画出来ます。

QuickTimePlayerの新規画面収録という機能を使えば、
あなたの資料とあなたの声が録画出来るので
資料を映しながら喋ればOKです。

動画の最初と最後は
どうしても余計な部分が出来てしまうので
トリミングをして余計な部分を削除すれば動画の完成です。

 

YouTubeにアップロードする

作成した動画をYouTubeにアップロードします。

もし、あなたがご自身のサーバーを持っているのならば
サーバーにアップロードして視聴してもらうことで出来ますが、
YouTubeの方が汎用性が高いのでオススメです。

YouTubeには限定公開という機能をもあって
動画自体が検索にかからず、
動画のURLを知っている人しか視聴出来ない仕組みもあるので
コンサル生だけに見せたい動画等は限定公開にすると良いです。

 

セミナー動画作りのコツ

セミナー動画作りのコツは

  • 堅苦しくしない
  • 動画を長くしすぎない

です。

セミナー動画はどうしても内容が堅苦しくなりがちです。

そのため、視聴者はよっぽど興味がない限り
途中で離脱してしまう可能性が高いです。

冗談やユーモアのある話を交えながら
話してなるべく楽しい雰囲気の動画にすることを心掛けましょう。

また、動画の長さは10分程度までが良いです。

もちろん、1時間くらいの長い動画の方が
動画視聴時間が伸びてYouTubeから評価されやすいですが、
しっかりとしたブランドがない限り
動画を全部見てもらうことは難しいです。

ですが、
短めの動画であればハードルが下がるので
意外と見てもらいやすくなります。

あなたの強いファンには長時間の動画
あなたファンになってくれそうな方には短めの動画

というように使い分けると効果的ですね。

 

まとめ

セミナー動画は案外簡単に作ることが出来ます。

あなたの持っているノウハウを動画としてまとめておけば
それを無料プレゼントとしてアフィリエイトの特典にすることも出来ます。

PDF < 音声 < 動画 の順で価値を感じるようになるので 動画は非常に有効ですよ。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です