社会的証明の原理とは?大勢がすることは正しい?

shakaiteki_shoumei

どうも、石田健太郎です。

今回は、社会的証明について解説していきます。

社会的証明はプロパガンダの一種なのですが、
社会的証明についてとビジネスに応用する方法について
お話ししていきます。

 

社会的証明の原理とは

社会的証明というのは、
多くの人がやっていることが
正しいことだと思う心理のことです。

人間は多くの人がやっていることならば
安全・安心ということを
本能的に認識しています。

そのため、
判断を簡略化するために
多くの人がしていることと
同じことをしようとします。

しかし、
多くの人が取る行動が
間違っていることだってあります。

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」

というフレーズがありますが、
まさにこれです。

みんなで渡ったとしても
赤信号で渡るのはダメですよね。

交通ルールから外れた間違った行動です。

でも、
驚くことに
たとえ赤信号でも
みんなで渡ることによって
安全になります。

なぜなら、
大量の人が交差点を渡っていたら、
信号が赤であっても
車やバイクは止まるからです。

そのため、
ルールに反した
間違った行動ではありますが、
安全になります。

交通ルールは
誰かが決めたことです。

人間が本能的に
決めていることではありません。

人間の持つ本能というのは
安全か危険かでしか判断出来ません。

だから、
人間は本能に従い
安全な方を選択するのです。

だから、
信号が青だろうが赤だろうが
本能が安全だと言っている方を選ぶのです。

 

ビジネスへの応用

社会的証明をビジネスに活用するには、
多くの人から支持されていることを
示してあげることです。

  • 多くの人が購入している。
  • 多くの人が紹介している。
  • 多くの人が結果を出している。

こういったことを示すことで

多くの人から支持されている = 安全・安心

ということをお客様に認識させて下さい。

お客様は商品の購入前とても不安です。

「良くない商品だったらどうしよう?」

「買っても効果がなかったら嫌だな。」

そんな風に思っています。

そこで、
人間は多くの人がとっている行動は安全・安心
という社会的証明を活用します。

  • 販売数100万本突破(多くの人が購入している)
  • 売上本数5週連続一位(多くの人が購入している)
  • お客様満足度95%(多くの人が成果を出している)

このようなことを使って商品を販売することで
お客様に対して

「この商品は良い商品です。」

「この商品は多くの人に支持されています。」

ということ提示して安心感を与えます。

こういった不安を取り除き、
お客様に安心感を持ってもらうと
購入に繋がります。

お客様に安心感を与えて
不安なく購入してもらうためにも
社会的証明をしっかりと示していきましょう。

 

まとめ

社会的証明の原理を活用して
多くの人が支持していることをお客様に示すことで、
お客様に安心感を与えることが出来ます。

お客様は商品を購入する前は不安を抱えているので、
その不安を取り除き、安心感を与えることで
購入に繋がります。

あなたも是非、社会的証明の原理をビジネスに活用してみて下さい。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です