安定なんてものはない!会社員だって不安定

jenga

どうも、石田健太郎です。

今回は安定なんてものはないということをお話しします。

 

人間は本能的に安定を求める

人間は本能的に安定を求める生き物です。

例えば、
住む場所です。

大抵の人は住所が決まっていて、
1つの場所を拠点に生活をしていますよね。

住む場所が決まっていれば
いちいちその日の寝場所を探さなくて良いので
安定しているわけです。

中にはPT(パーマネントトラベラー)のように
住所を持たず1つの場所に留まらず
住む場所、生活する場所を転々とする人もいますが
やはりそれは少数派です。

なので、
大多数の人間が
安定志向になるのは自然なことです。

あなたも安定志向だったりしませんか?

僕自身、超絶安定志向でした。

過去の僕は

「将来、安定した生活を得るにはどうすれば良いのか?」

をひたすら考えていました。

そして、
僕が出した答えは

「安定した仕事に就く。」

ということでした。

安定した仕事であれば
安定した給料が約束されるし
安定した暮らしも出来るはずだ

と考えたからです。

そして大学卒業後、
僕は某大手IT企業に就職しました。

念願の安定した仕事に就けたのです。

大手 = 安定

というイメージが強いですよね!?

だからこそ、
就職を意識し始めた学生達は
こぞって安定を求めて
大企業への就職を目指します。

ですが
過去の僕のように
会社員になることが
本当に安定なのでしょうか?

 

会社員は不安定

会社員(正社員) = 安定

というイメージが強いですが、
会社員は不安定です。

たしかに
会社員になれば
“働いている限りは”給料が保証されるので
安定した生活が送れるかもしれません。

ですが、
会社員には

  • リストラされる
  • 会社が倒産する
  • 怪我や病気で働けなくなる

といったリスクが常に潜んでいます。

このリスクを認識せずに
周囲の人が雇われて働くから
自分も同じようにするのが正しいと
何も考えずに働いている人も多いですね。

あなたが
どれだけ働きたいと思っても
働けなくなってしまったら
給料がもらえなくなります。

それに、
副業を禁止して
収入源を会社に
依存させようとしている
企業も多くあります。

僕は、

収入源が会社の給料だけ

というのはかなりリスキーだと思っています。

会社の行く末は
あなたの力で
どうこう出来るものではありません。

収入源が会社の給料だけだと
生活が会社に依存しています。

あなたがコントロール出来ないものに
依存することが
安定とは言い難いですよね!?

だから、

会社員になれば安定した人生を送れる

という思い込みは捨てた方が良いです。

 

不安定を楽しむ

真の意味での安定

というのはどこにもありません。

どれだけ分散して資産を持っていようと
全て資産価値が一瞬のうちに
なくなってしまうことだって
あるかもしれません。

もちろん、
資産が分散されていれば
リスクヘッジにはなるので
なるべく分散させた方がいいのは
間違いないです。

ですが、
100%の安定なんてものは
どこにもないのです。

どう足掻いても
不安定なものは仕方がないので
不安定を受け入れる必要があります。

世の中は常に変化していきます。

そのため、
変化に臨機応変に対応しなくてはいけません。

不安定を楽しむくらいの気持ちが
大事になります。

人が成長し続けるためには
安定していてはダメです。

不安定を楽しみ、
日々成長し続けることで
不安定な世の中でも
変化に対応することで
精神的に安定して
生きていくことが出来ます。

 

まとめ

真の意味での安定というものは存在しません。

世の中は常に変化し続けていますし、
僕も、あなたも変化し続けます。

だから、
変化や不安定を受け入れて
それに対応していかなくてはいけません。

不安定を楽しみ対応する事が
精神的安定して生きていく方法です。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です