Twitter最大の敵、ロック・凍結の条件とは?

twitter_locked_suspended

どうも、石田健太郎です。

今回は、Twitterでアカウントがロック、凍結する条件を解説していきます。

 

Twitterのロック・凍結とは

TwitterアフィリエイトやTwitterでのリスト取りをする上で
絶対に避けては通れない物がアカウントのロックと凍結です。

アカウントがロック、凍結して
ようやくスタートラインに立ったようなものですね。

まずは、
そもそもロックや凍結が
どのような状態になるのかを解説します。

 

ロックとは

アカウントがロックすると、

「このアカウントはロックされています」

と表示されて何も操作が出来なくなります。

「アカウントを乗っ取られた可能性があるので安全のためにロックしています」

という言い方をしていますが、
アカウントに不自然な動き(短期間に大量のフォロー等)があった場合に
アカウントのロックが行われます。

ただ、ロックの場合はほぼ解除申請を行えば、
通常通りに使えるようになるので
そんなに怖がらなくても大丈夫です。

解除申請は、

  • メールアドレス認証
  • 電話番号認証

等で行えます。

アカウントによってどういった認証が必要になるかは異なりますが、
最近は電話番号認証が主流になっています。

解除申請は作業自体は簡単なのですが、
かなり面倒くさいのでなるべくロックはさせたくないですね。

また、注意したいことがあります。

それは、

解除申請に使った電話番号を
何回も使い続けてしまうと
解除申請に使えなくなることがある

ということです。

一度に大量のアカウントがロックして
同じ電話番号を使って解除申請をすると
その番号では解除申請が通らなくなってしまいます。

そのため、
複数のアカウントを運用する場合は
複数の電話番号を用意して
順番に使っていくのが良いですね。

格安SIM等を活用すれば
複数の電話番号を保有することが出来ますが、
ちょっとコストがかかってしまうのがネックですね。

 

凍結とは

アカウントが凍結すると、

「あなたのアカウントは現在、凍結されています。詳しくは、凍結されたアカウントをご覧ください」

という表示が出ます。

凍結してしまうと、
フォロー、フォロワーが0になってしまい
フォローしたり、フォローされたり出来なくなります。

そのため、
事実上使い物にならないアカウントとなります。

凍結も段階があります。

第一段階はアカウント本凍結の警告です。

ですが、
解除申請をすれば凍結解除されます。

https://support.twitter.com/forms/feature_report?feature=tweets

から異議申し立てをすれば、
基本的に凍結が解除されます。

そして、
第二段階は本凍結です。

まれに

https://support.twitter.com/forms/feature_report?feature=tweets

から異議申し立てをすれば
凍結解除されることがありますが、
ほぼ永久凍結だと思った方が良いです。

 

アカウントロックを防ぐ方法とは

アカウントのロック率を下げる方法が
いくつかありますので紹介します。

 

Gmailを使う

Twitterのアカウント作成時に
Gmailを使うとロック率が下がります。

おそらく、
Gmailは大量に作るのが難しいからだと
思われます。

また、Gmailを使うとロック率が下がるからといって
エイリアスのアドレスを使ってはダメです。

エイリアスを使うと、
そのメールアドレスに紐付く
アカウントが連鎖的にロックや凍結してしまうので
絶対に止めて下さい。

 

短時間に大量にフォローしない

短時間に一度に大量にフォローすると
ロックしやすいです。

一応目安としては1日50人です。

それを数回に分けてフォローします。

フォローボタンを一気に押しまくると
すぐにロックするので絶対に止めましょう。

一度フォローしたら、
しばらくおいてからフォローすることで
ロックのリスクを下げられます。

 

アフィリエイトリンクをそのままつぶやかない

ASPから取得した
アフィリエイトリンクをそのままつぶやくと
ロックしやすくなります。

アフィリエイトリンクをつぶやく場合は、
LPを挟むか、短縮URLサービスを使いましょう。

また、マイナーな短縮URLサービスより
大手の短縮URLサービスの方がロックしにくいです。

BitlyやGoogleの大手短縮URLサービスを使うことを
オススメします。

 

アカウント凍結を防ぐ方法とは

アカウントの凍結率をさせにくくする方法が
いくつかありますので紹介します。

 

アカウントロックを放置しない

アカウントがロックしたものを放置すると
いずれ凍結します。

そのため、
アカウントがロックしたら
なるべく早く解除申請をしましょう。

 

スパム報告やブロックをさせない

一般ユーザーからスパム報告やブロックをされると
アカウントが凍結します。

フォロワー数に応じて
凍結されるスパム報告数やブロック数は変わってきますが、
なるべくスパム扱いされない
健全なアカウントの運用が必要になります。

 

1日に同一IPアドレスでアカウントを作成しない

アカウントを大量に作る場合、
1アカウント毎にIPアドレスを変えて作らないと
凍結しやすくなります。

IPアドレスはポケットWifiの場合は、
電源のON/OFFでIPアドレスが変わります。

ちなみにIPアドレスはこちらのサイトで確認出来ます。

https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

 

著作権違反のツイートをしない

Youtubeにアップされている音楽をそのまま流したり、
TV番組の動画をそのまま流したりすると
著作権違反でアカウントが凍結されることがあります。

音楽やTV番組ならなんでも凍結されるかと言うと
そうではありません。

特に凍結しやすいのは
洋楽です。

そのため、
洋楽のまとめbotみたいな物を作成する時は
気を付けて下さい。

 

まとめ

Twitterを運用する上で
アカウントのロックを凍結は絶対に避けては通れない
誰もが経験する道です。

そして、
Twitterは頻繁に仕様が変更されるため、
ロックや凍結の確率を下げる方法はあっても
絶対にロックや凍結を防ぐ方法というものはありません。

もし、あるのならば
僕が知りたいです。笑

なるべくロックや凍結はさせたくないですが、
Twitterはロックや凍結をするものだという
マインドで運用していくのが良いですね。

それ故に、
Twitterに100%依存するTwitterアフィリエイトよりも
Twitterからリストを取る等をして
Twitterに依存しないビジネスを
僕はオススメします。

僕自身、大規模なTwitterの凍結(通称:凍結祭り)で
大事にしていたメインアカウントやその他アカウント、
諸々10万フォロワー以上を失いましたが、
リストを取っていたので被害を
最小限に留めることが出来ました。

リスクヘッジするというのは
安定したビジネスを継続する上で非常に重要なことですよ。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です