USP・Hook・Benefitとは?コピーライティングの基礎

どうも、石田健太郎です。

今回は、コピーライティングの基礎用語、
USP・Hook・Benefitについて解説していきます。

 

コピーライティングの基礎用語

コピーライティングを学んでいると
しばしば

  • USP(ユーエスピー)
  • Hook(フック)
  • Benefit(ベネフィット)

という単語に出くわします。

この3つの単語は
コピーライティングの基礎とされているため
詳しく解説されることはあまりありません。

そのため、
コピーライティングを学んでいる方でも
なんとなく知ってるレベルの方が多いです。

なので、
この機会にぜひきちんと理解しましょう。

 

USP(ユーエスピー)とは

USPというは、

Unique Selling Proposition

の頭文字をとったものです。

他者とは違う独自の特徴のことです。

世の中には似たような商品やサービスがたくさんあります。
その中で他者と差別化をするためには
このUSPが重要になります。

USPがどのようなものかというと、
例えば、
宅配ピザのドミノピザです。

ピザを宅配してくれるお店は
たくさんあります。

  • ドミノピザ
  • ピザーラ
  • ピザハット

他にもたくさんあります。

ドミノピザも
ピザを宅配してくれるサービスということは
他のお店と同じです。

味の良し悪しで買うお店を決めるということも
もちろんありますが、
同じような味のレベルであれば
それ以外の部分で差をつけなくてはいけません。

ドミノピザは独自のサービスとして、

「熱々で、ジューシーなおいしいピザを
 お宅まで30分以内にお届けします。
 間に合わなければ、代金は頂きません。」

ということをやっていました。
(今は、その昔、急いで配達するあまり、
宅配スタッフが事故を起こしてやっていませんが、、、)

これがドミノピザの他者と違う独自の特徴、USPです。

ドミノピザは味ではなく、
スピードで勝負したことで
他者との差別化を図りました。

このように
USPがあると、
他者と違うところを売りにしていると
他者と比較されなくなり、
非常に有利になります。

ドミノピザのように味ではなく、
スピードで勝負していれば
多少味で負けていたとしても
急いで食べたい方は買いますからね。

ビジネスを有利に展開するためにも
USPは必要ですね。

 

Hook(フック)とは

Hook(フック)というのは
ピーターパンに出てくるフック船長のフックです。

Hookは引っかけるという意味ですが、
コピーライティングにおけるHookは
読者の心に引っかかりを作って
先が気になるようにして
行動を促すことを言います。

メルマガの登録ページや
セールページ等で上手に使われていますね。

  • 登録しないと先が分からない。
  • 購入しないと先が分からない。

そんな状態にすることで
行動した先に興味を持たせることで
行動を促します。

基本的に
ブログやメルマガ等の文章というのは
しっかり読まれることは少なく、
流し読みされていることがほとんどです。

気になった部分だけ、
しっかりと目を通します。

例えば、
週刊少年ジャンプを買ったとしても、
最初から最後まで
全ての漫画は読みませんよね!?

きっとスルーしてしまう漫画があるはずです。

ONE PIECEとか銀魂とか
好きな漫画しか読まないと思います。

それと全く同じです。

Hookがないと
ただ流し読みされるだけの文章
となってしまいます。

読者に流し読みされて
あなたが伝えたいことや
あなたが読者にしてほしいことを
スルーされないためにも
先が気になるような表現をして
Hookを作ることで、
読者に興味を持たせることが重要です。

 

Benefit(ベネフィット)とは

Benefit(ベネフィット)というのは、
直訳すると利益です。

コピーライティング的に
分かりやすく言い換えると、

「明るい未来の提示」

です。

何か商品を買う時は
商品そのものが欲しいというよりも、
今よりも良い状態を作りたいのです。

だから、
その商品を買ったら

「こんな良いことがあるよ。」

「こういう風に便利になるよ。」

と明るい未来を提示して
想像してもらう必要があります。

例えば、
エアコンです。

エアコンが無い部屋って
夏は暑いし
冬は寒いし
過ごしにくいですよね!?

でも、
エアコンがあれば
温度も湿度もちょうどいい
快適な部屋・快適な環境が手に入ります。

つまり、
エアコンを購入することによる
Benefitは
快適な部屋や環境ということです。

別にエアコン自体が欲しいというよりも
快適な部屋があれば良いんです。

だから、
このエアコンを買ったら

「寝苦しい真夏の夜でも涼しく快適に過ごせます。」

とか

「真冬の寒い夜でも暖かく過ごせます。」

とかが
Benefitの提示になります。

Benefitが読者に刺さると
思わず欲しくなります。

Benefitは非常に強力なので
上手く使うことが出来れば
売上が大きく変わります。

 

まとめ

  • USP(ユーエスピー)
  • Hook(フック)
  • Benefit(ベネフィット)

はコピーライティングを学ぶ上で
避けては通れません。

その割にきちんと理解している方は
少ないように思います。

コピーライティングを学び実践すると
必ず使う機会があるので、
あなたもきちんと理解するようにしましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です