Youtubeで稼ぐなら著作権に気をつけろ!

youtube_hands

どうも、石田健太郎です。

今回は、YouTubeで稼ぐ上で気をつけなくてはいけない
著作権についてお話します。

 

YouTubeと著作権

YouTubeで稼ぐ際に
気をつけなくてはいけないのが著作権です。

例えば、、
TV番組をそのままYouTubeに
アップしてしまったらアウトです。

著作権違反となってしまいます。

ですが、
アウトにならないこともあります。

それはどんな時かというと、

作者にバレていないならOK

ではなく、

作者が指摘をしないならOKなんです。

というのも、
著作権法は親告罪です。

作者がダメと言わなければ、
問題ないんです。

ですが、
そんなのは非常に稀なケースです。

著作権法違反は告訴される可能性も充分にあるので
気をつけなくてはいけません。

YouTubeでは、
作者がYouTubeに動画削除申請をして
動画が削除されるということが多々あります。

著作権違反で動画が削除されると
その動画をアップした人の
YouTubeAdsenseが剥奪されて
稼げなくなってしまいます。

作者から告訴されるのも痛いですが、
YouTubeAdsenseで稼げなくなるのも
かなり痛いですよね!?

YouTubeAdsenseが剥奪されると
復活させるのはほぼ無理だと思って下さい。

そうなると、
それ以降YouTubeAdsenseが出来なくなることになるので
かなり大きなリスクですよね!?

そのため、
YouTubeに動画をアップする時は
著作権に引っかかっていないか
充分に注意しましょう。

 

著作権に引っかからない動画を作る方法

著作権に引っかからないために一番簡単なのが、
自作の動画を作ることです。

YouTuberがよくやっているやつですね。

オリジナルのコンテンツは
あなたが著作権者になります。

そのため、
あなたオリジナルの動画ならば
確実です。

ですが、
それ以外にもやり方はあります。

著作権法第32条には

公表された著作物は引用可能

という記載があります。

つまり、
引用であれば、
あなたが著作権を持っていないコンテンツであっても
使用することが可能となります。

○○から引用

というように引用元を明記することで
著作権違反にはならなくなります。

例えば、
芸能人のスライドショーの動画を作成しても
引用元が明記されていればOKです。

 

まとめ

YouTubeで稼ぐ際には
著作権に気をつけなくてはいけません。

著作権違反はかなり痛い罰を受けることになるので
あなたオリジナルの動画や引用を活用した動画等、
工夫して著作権に引っかからないようにしましょう。

 

石田健太郎
最後までご覧頂きありがとうございました!
金銭を補完するための無料メルマガ

もっと自由になりませんか?

かつて社畜だった僕が
会社に依存せず
生きていけるようになった方法とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です